博物館・展示を活用した最先端研究の可視化・高度化事業

地球研が国内外で実施している研究プロジェクトの成果を、映像や展示の制作・公開を通じて可視化し、地域の人・社会・自然の理解に基づく未来可能な社会のあり方を地域社会と共創する〈超学際研究〉の高度化をすすめます。事業を通じて、地域の課題解決を指向する新たな〈地域環境学〉を創成することをめざします。

2018年度の取り組み
1 地域に根ざした豊かな自然の恵みと防災減災の両立とは?:高質映像による地域協働の深化
2 「環境と風土」の環境教育映像の作成
3 子どもから地域へ、映像でひろがるサニテーション
4 バウンダリー・オブジェクトとして“水”のつながりを可視化するツールの開発
5 100 Years of Food: Film and exhibition for interactive communication between local community, researcher, and public audiences
6 映像を活用した研究プロジェクトの高度化:地域の未来の共創にむけて
7 ゲームジャム型ワークショップを通じた研究者と市民とのコミュニケーション
8 地球環境学研究にもとづいた映像人類学作品の共創と循環
オープンハウスでのインスタレーションの一例。ブータンの食に関する映像をタペストリーに投影し、研究者と来訪者が交流しました。

オープンハウスでのインスタレーションの一例。ブータンの食に関する映像をタペストリーに投影し、研究者と来訪者が交流しました。

ドーム型テントでのプロジェクションマッピングを用いる成果発信など、新たな手法を開発しています。

ドーム型テントでのプロジェクションマッピングを用いる成果発信など、新たな手法を開発しています。

  • Page Top
  1. HOME
  2. 研究活動
  3. 関連研究活動など
  4. 博物館・展示を活用した最先端研究の可視化・高度化事業
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)  Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん