研究活動


LATEST REPORT フィールドレポート

長期変化班
  • 2016.7.28

    縄文時代の人口変遷を放射性炭素年代密度から推論する
    Inferring Jomon population change using frequencies of radiocarbon dates

    -エンリコ・R・クレマ(ケンブリッジ大学)、マルコ・マデッラ(ポンペウ・ファブラ大学)
    Enrico R. Crema (University of Cambridge, Marco Madella (Universitat Pompeu Fabra)

    • 写Figure 1. Summed probability of calibrated radiocarbon dates showing possible population dynamics between 7000 and 3000 years ago in Aomori prefecture.

      Figure 1. Summed probability of calibrated radiocarbon dates showing possible population dynamics between 7000 and 3000 years ago in Aomori prefecture.

    • The reconstruction of prehistoric population dynamics has always sparked strong interest amongst anthropologist and archaeologist across the globe. This is because demographic processes have been long advocated as a cause and/or consequences of a variety of phenomena, ranging from the appearance of modern human behaviour during the Upper Palaeolithic to the origins of agriculture and the emergence of social stratification. While many of these explanations have been debated over the years, demographic change remains one of the best example where the cumulative consequences of micro-scale individual decision makings and ecological interactions can be observed at the macro scale. Understanding this complex relationship revealed that a population decline does not necessarily imply the occurrence of catastrophic ecological events nor a rise indicate an episode of successful adaptation. Indeed, the shrinking population and aging of contemporary Japan shows how demographic change can indeed be the consequences of social, economic, and cultural phenomena.

      ▼ クリックで詳細表示
  • 2016.8.25

    過去の文化と伝統知をつなぐ —アイヌ民族博物館でのワークショップより
    Connect the Past Culture and Traditional Knowledge.

    -菅野 智則(東北大学埋蔵文化財調査室)
    Tomonori Kanno (Archaeological Research Office on the Campus, Tohoku University)

    • 写真1:現地で針葉樹の枝を採取する、エド・キャリア氏(左)。<br>Photo1 : Mr. Ed Carriere (left) cutting the softwood branch.

      写真1:現地で針葉樹の枝を採取する、エド・キャリア氏(左)。
      Photo1 : Mr. Ed Carriere (left) cutting the softwood branch.

    As a sub-project of the Small-Scale Economies Project, Rika Shinkai, Naoto Yamamoto and I have been working on a study of the material culture on the Northwest Coast of North America. In collaboration with Prof. Dale Croes of Washington State University, we are particularly interested in understanding the connections between ethnographic examples and archaeological specimens excavated from wetsites, as well as in conducting comparative studies between the Northwest Coast and Japan. In the context of this collaborative work, in May 2016, Prof. Croes and Mr. Ed Carriere, a Master Basketmaker of the Suquamish Tribe, visited Japan, demonstrated how to make traditional baskets, and interacted with Ainu people in Hokkaido, craft specialists in northern Japan and scholars in various fields.

    ▼ クリックで詳細表示
  • 2015.10.29

    カナダ・トリケット島における 先史時代遺跡調査に伴う民族事例

    -真貝 理香(総合地球環境学研究所 研究員)

    • 潮干狩り

    総合地球環境学研究所では「地域に根ざした小規模経済活動と長期的持続可能性」(プロジェクト・リーダー:羽生淳子)が2014年度から2016年度までの3年間の予定で実施されている。そのプロジェクトの一環として、松井章先生(奈良文化財研究所)が、かねてより共同研究を行っていたDale Croes氏(Pacific Northwest Archaeological Services/Washington State University客員研究員)と北米での遺跡調査への参加を企画し、2015年5月3日から17日にかけて、山本直人(名古屋大学)・菅野智則(東北大学)・真貝理香の3名が、カナダ・トリケット島(Triquet Island)における先史時代の遺跡(EkTb9)調査に参加した。

    ▼ クリックで詳細表示
  • 2015.8.12

    青森県縄文遺跡への出張

    -安達香織(総合地球環境学研究所 研究員)

    長期変化班は、縄文時代における環境と人との関係を長期持続可能性という観点から多角的に分析し検討している。具体的には、東日本の遺跡から出土した動植物遺体の分析や、石器のデンプン分析、古人骨の安定同位体分析、遺跡分布データベース作成・分析などによる縄時代の人の生業活動復元をおこなう一方で、陸奥湾から採取した堆積物試料中のアルケノン分析や花粉分析などによる古環境復元をすすめている。  現在、私は大木さおり氏と共同で、東北地方北部のいくつかの遺跡から出土した縄文時代中後期土器の種実・昆虫圧痕分析をすすめている。そのうち3つの縄文時代遺跡の立地と環境の現状を把握するために、2015年8月2日~4日青森県に出張した。

  • ▼ クリックで詳細表示
民族・社会調査班
  • 2016.7.28

    ワクチャムニ・ヨクーツ族の春祭り
    ~小規模社会の伝統を守る砦~
    Wukchumni Yokuts Spring Ceremony - Guardian of the small-scale society's tradition
    -

    -細谷 葵(お茶の水女子大学)
    Aoi Hosoya/ Ochanomizu University

    • 写真1:スウェットロッジに入れる石を焚き火で焼いているところ

      写真1:スウェットロッジに入れる石を焚き火で焼いているところ

    • 写真2:祭がとりおこなわれる場所へ向かう

      写真2:祭がとりおこなわれる場所へ向かう

    • 写真3:セージ。清めのために用いられる

      写真3:セージ。清めのために用いられる

    • 写真4:水不足で枯れかけているオーク

      写真4:水不足で枯れかけているオーク

    •  

       2016年3月25日から3日間、羽生淳子氏・真貝理香氏・Alisha Eastep氏とともに、カリフォルニア州・レモーアのクエーカー・オークス・ファームにて行われたワクチャムニ・ヨクーツ族の春祭りに参加した。筆者は昨年11月の秋祭りにも参加し、祭り参加は2回目。顔なじみになったワクチャムニ・ヨクーツ族の方々やレギュラー参加者の皆さんと会えて、すでに里帰りのような懐かしい気持ちに浸る。

    ▼ クリックで詳細表示
  • 2016.4.14

    カリフォルニア先住民族の伝統知復興と継承の努力に触れて
    ~ドングリ食加工ワークショップ~
    California Native Americans' Ongoing Efforts to Revive their Traditional Ecological Knowledge and Carry it on the Next Generation

    -小林 優子(地球研)
    Yuko Kobayashi/ RIHN


     

      On 31st January 2016, Prof. Habu, Ms. Shinkai and I attended “Acorn Processing Workshop” coordinated by Wukchumni Yokuts representatives in Visalia, California. Their tireless efforts to bring back the disappearing traditional knowledge and customs are inspiring not only to their people, but to anyone who wishes to learn from the past and find a way to cope with the current socio-economic and environmental problems around the world.

     

     ドングリといえば、幼い頃、秋になると家族と山に入り、夢中になって拾い集めたことを思い出す。弟とどちらがたくさん集めることができるか競ったものだ。実はドングリは、100グラムあたりのカロリー、脂質、糖質、食物繊維は白米と比較しても高く、日本では縄文時代から食用として用いられてきた。私にとってのドングリは、幼少期の思い出の一コマであったが、時が経ち、場所も変わって、「ドングリ」とういうキーワードのもと、2016年1月末日、私は、カリフォルニア州中部のヴァイセリアにいた。同地に住むワクチャムニ・ヨクーツ族の方々と、伝統知であるドングリ食加工ワークショップを開催するためである。

    ▼ クリックで詳細表示
  • 2016.4.14

    薪ストーブはごちそうだ
    - 岩手県宮古市(旧川井村)、山あいの暮らし -
    Feast around a Wood Stove -Lifeways in Mountain Valley in Iwate Prefecture

    -真貝 理香(地球研)
    Rika Shinkai/ RIHN

    写真1:薪ストーブの上で、手作り豆腐を温める神楽栄子さん

    写真1:薪ストーブの上で、手作り豆腐を温める神楽栄子さん
    Photo 1 : Eiko-san reheats the homemade tofu on the wood stove.

     

      A trip to snowy Kitakami Mountain Valley in winter time might not sound so exciting to many. However, our field trips in January and February 2016 gave me an opportunity to learn a lot about traditional and sustainable lifeways of people in small villages in Iwate Prefecture, northern Japan. The Kawai Area of Miyako City [former Kawai Village] is located one-hour bus ride away from downtowm Miyako. This area is known for cultivating millets and buckwheat, not rice, due to the limited plain fields and cool weather in summer. Yet, the harsh climate during the long winter has encouraged the local residents to develop a wide variety of subsistence strategies.


    ▼ クリックで詳細表示
  • 2016.1.5

    東日本大震災以降の三陸漁村でのアワビ採取
    Abalone Collecting in Small Fishing Communities after the Great East Japan Earthquake

    -池谷 和信(国立民族学博物館)
    Kazunobu IKEYA/ National Museum of Ethnology

    Abalone called ezo-awabi is distributed along the Sanriku coast in northeastern Japan. Fishing cooperative regulations determine the season and the time when the collection period starts (opens called kuchiake). Abalone are collected between November and December. The communities have always relied on fishing as one of their core economic activities—from ancient times up to the present day. However, with the onslaught of the tsunami during the Great East Japan Earthquake of March 2011, many homes and fishing vessels were washed away, ripping the foundations for people’s livelihoods away. Today, three years and nine months after the disaster, we take a look at how the region’s abalone collecting has recovered.

    • 写真1:三陸海岸のエゾアワビ

      写真1:三陸海岸のエゾアワビ

    • 写真2:アワビの採取風景

      写真2:アワビの採取風景

    •  

      アワビは、縄文時代から現在まで私たちが食用にしてきた貝である(写真1)。わが国では、北海道から九州にいたる海岸部の多くの場所で採取されてきた。例えば、三重県の志摩半島のように海女がもぐってアワビ採取をするところもあれば、今回、紹介する岩手県の三陸海岸のように船の上から男性が3メートル近い棒の先につけたフックを使用して採取することもある。現在、このような採取法の地域性は、アワビの種類による採取の季節性や海底地形の差に加えて、採取法の伝播の歴史を考える必要がある。

      ▼ クリックで詳細表示
  • 2016.1.5

    A Look at California Organic Farms
    カリフォルニアにおける有機農業の普及

    -Tomiko Yamaguchi(International Christian University)
    山口富子(国際基督教大学)

    • Supermarket

    Introduction
    To develop a vision of a society that is ecologically sound and socially just – one of the objectives of the Contemporary Society Group of the Long-Term Sustainability through Place-Based, Small-scale Economies project – it is essential that we look at the systems that produce our food. There are many important questions to ask about how agrifood systems are constituted and contested, by whom, using whose knowledge, and to what consequence. In my fieldwork in Japan, I focus on socio-technical conflicts about food safety surrounding radioactive nuclides in food and farmland, and the question of whose knowledge prevails in dealing with food safety crises. In my project in California, I am looking at how the expansion of organic food production and markets is interpreted and experienced by organic farmers who support the values of ecological and social integrity, and how they respond to the competition that is part of the growing market. This short article describes insights from an early phase of fieldwork in the Central Coast area of California.

    read all (PDF 1.7MB)

  • 2015.6.30

    2日間の美山滞在で見たこと・聞いたこと

    -砂野 唯(総合地球環境学研究所 研究員)

    民族・社会調査班は、近年の日本における地域に根ざした食糧生産の多様性とその実態を把握することを目的の一つとしている。主な調査地である東北の農村や漁村の多くは大都市から遠距離に位置し、戦前まで地産地消に近い生活を営んできた。一方、京都府南丹市美山町は、戦前までほぼ自給的な生活を営んでいたところは共通しているが、近距離に位置する京都との政治的・経済的な関係が深く、昔から木材や食糧の生産地となってきた。そこで、東北での調査における知見を広めるために、2015年5月27~28日の2日間にわたって、都市との関係性が異なる美山に滞在し、京都の後背地として発展してきた技術が過疎化の進む美山の活性化にどのように活用されているのかについて、お話を伺った。

    • 写真1:かやぶき家屋を利用した「美山かやぶき美術館」

      写真1:かやぶき家屋を利用した「美山かやぶき美術館」

    • 写真2:食料不足のときの食料、トチノキ(知井地区)

      写真2:食料不足のときの食料、トチノキ(知井地区)

    • 写真3:野草を使った特産品づくり(美し山の草木舎)

      写真3:野草を使った特産品づくり(美し山の草木舎)

    ▼ クリックで詳細表示
実践・普及・政策提言班
  • 2015.10.20

    Towards sustainable remediation of arsenic-contaminated soils

    -Sarick Matzen(Pallud Lab, Environmental Science, Policy, and Management Department, UC Berkeley)

    Our overarching goal is to develop alternative approaches for more rapid and effective phytoremediation of arsenic contaminated soils with the Chinese brake fern (Pteris vittata). Our specific objectives are to (i) evaluate the fern’s performance under real-life conditions, and investigate the effects of soil texture on phytoremediation efficiency, (ii) evaluate the fern’s performance in both arsenic-only and multiple-contaminant soils, (iii) explore novel strategies to increase the efficiency of phytoremediation, and (iv) determine the suitability of phytoextraction for remediating arsenic-contaminated agricultural soils.

    • photo1:Sample collection in the field experiment

    • photo3:The brake fern, Pteris vittata, planted in our field experiment.

    Data we collected after 2 years of in situ phytoremediation showed that under field conditions, compost-amendments best promote arsenic removal, while phosphate-based amendments interfere with arsenic removal. We find that nitrogen amendments increase phytoremediation efficiency over time, possibly due to increasing root biomass. We have begun infrastructure development at a second field site, where we will determine the effects of metal co-contaminants on arsenic uptake in the brake fern.

    Controlled greenhouse pot experiment results confirmed the effects of fertilizer treatment observed under field conditions. We also are investigating the interacting effects of soil texture and fertilization on arsenic uptake in the brake fern. We have concluded experiments with coarse-textured soil, and have begun experiments with fine-textured soil. We expect that arsenic uptake in the brake fern will be lower in clayey soil than in sandy soil. Additionally, we are beginning to explore the role mycorrhizal fungi play in arsenic uptake in the brake fern. Our preliminary results suggest that our fern roots are colonized by indigenous mycorrhizal fungi in our field site soil. Finally, we have begun work investigating arsenic transfer into the food chain, an important part of our overall work in support of food production in soils with a history of arsenic contamination. We have conducted a pot study to determine the effects of compost amendment on arsenic uptake in common vegetable crops, and are beginning work to characterize the bioaccessibility of arsenic in our sandy and clayey soils. We have also recently begun soil column experiments to determine leachability of arsenic from our soils. Our future work will involve gathering 2 more years of data for each of our study sites. We will investigate the cycling of arsenic, phosphate, and lead at the meso-scale, based on prototype soil column studies currently in progress. Finally, we will continue to characterize human bioaccessibility and plant availability of arsenic in our field site soils. Importantly, we will provide these results to our community partners and the City of Berkeley, along with our arsenic phytoremediation results, to inform future food production on our field site lot, as well as to inform arsenic remediation efforts broadly.

  • 2015.10.12

    神話がiPhoneを超える土地

    -飯塚 宣子(同志社大学)

    カナダのBC州(ブリティッシュコロンビア)北西部のアトリンという小さな町に、TRクリンギット(タク・リバー・クリンギット)のコミュニティがある。他の周辺先住民と同様、彼らもカラスかオオカミいずれかのクランに属する。捕獲した動物の魂に適切な儀礼をおこない、動物を再生させる「神話」の世界を生き、狩猟採集漁労という「地域に根ざす小規模経済」を営む人々である。

    資本主義経済下のカナダで、彼らはどのように小規模経済を営み、伝統的生態知識、技術、世界観を次世代に継承しているのだろう?
    古代から繋がるだろう彼らの地域や文化の個別性と、グローバリゼーションで進む同質化とのせめぎ合いをどのように消化しようとしているのか考察してみたい。翻れば、そこから私たちが、現代から次代を生きる指針が見えてくるかもしれない。2015年8月、彼らのトラツィニ・キャンプに参加した。
    トラツィニ・キャンプとは毎夏、彼らが子どもたちと生業や伝統文化を集中的に共有する約2週間のキャンプである。広大なテリトリーの中、毎年キャンプ場は変わる。クマやヤマネコが生息するため、犬は必携である。薪を割り、火を絶やさず、保存食をつくる。クリンギット語の歌を学び、物語を聞く。同時に、外部から調理された料理が届けられ、iPhone から流れる音楽はエルダーを驚かす。

    ▼ クリックで詳細表示
  • 2015.10.5

    福島沿岸漁業と洋上風力発電の「未来についての語り」

    -高橋 五月 (George Maison University)

    2015年6~7月、私は去年と同様、追跡調査として、東京での聞取り調査と資料収集に加え、茨城県と福島県の沿岸地域にてフィールド調査を行った。調査目的は、東日本大震災および福島第一原発事故から4年以上が経過した今、沿岸域における復興事業の関係者や地元漁業関係者たちが現時点で描く「未来」像について、またその実現のための取り組みについての語りを聞き取ることだった。特に今夏は、去年の調査で漁業者たちが語ってくれた「未来」像と比較する事で、震災後の時間経過が「未来」に与える影響について考察することも研究目的の一つとした。

    特に福島県の沿岸漁業者にとって、2015年は「未来」を考えるうえで重要な節目であるはずだった。というのも、今年は2013年に発足した福島県沖浮体式洋上風力発電の「実証研究事業」が最終年を迎える予定であった。2014年時点では地元漁業者たちは、今後の洋上風力発電事業の拡大が漁業に与える影響を懸念する反対派と、洋上風力発電と海洋牧場の同時開発により漁業の新たな未来が開けるのではと期待する賛成派とに分かれていた。しかし、1年が経過し、この対立構造は意外な変化を遂げていた。実証研究事業が当初の予定を変更し、予算削減、工事延期、規模縮小を決定したことで、去年の時点では「未来」について活き活きと、期待感を込めて語っていた賛成派の漁業者たちは、それまで思い描いていた新しい未来像が現実化されないであろうという失望感と諦めを語るようになっていたのだ。一方で、大幅な事業縮小決定後も、実証事業コンソーシアムの関係者は浮体式洋上発電がもたらす新しいエネルギーと漁業の共生共栄の「未来」とその重要性を私に語ってくれた。津波被害に加え原発事故の影響により復興が大幅に遅れている福島・茨城県の沿岸漁業の未来が今後どのように想像され、創造されていくのか、今後も注目していきたい。

    • 沖合設置を小名浜港で待つ、浮体式風力発電実証事業2基目「ふくしま新風」