グローバルサプライチェーンを通じた都市、企業、家庭の環境影響評価に関する研究

  • FS1
  • FS/PR
  • FR1
  • FR2
  • FR3
  • FR4
  • FR5

研究プロジェクトについて

中国をはじめとする途上国の急激な成長は、環境負荷排出の深刻な要因となっています。そして、グローバルサプライチェーン(製品やサービスの生産過程)と環境負荷だけでなく、そのPM2.5の排出などの環境負荷が、健康被害などの環境影響を引き起こしているのかについては十分に明らかになっていません。本プロジェクトでは、都市、企業、家庭の行動がグローバルサプライチェーンをとおして、どのように環境影響を引き起こしているのかを明らかにします。

なぜこの研究をするのか

地球環境問題が非常に深刻化していることは、多くの人がニュースなどで知っています。例えば、中国やインドでPM2.5汚染が進み、多くの人が亡くなったり、東南アジアやブラジルのアマゾンで生物が絶滅の危機に晒されていたりしていることをニュースで読んだことも多いと思います。しかしながら、それは中国やインド、東南アジアやブラジルだけの問題と言ってしまっていいのでしょうか。なぜ、そこで環境問題が起こっているのかを考えると、その問題の解決策と私たちがどのように関わらなければいけないのかが見えてきます。中国やインドでPM2.5を排出している工場は、ある程度の製品を日本や欧米諸国に輸出するために作っています。また、絶滅の危機に晒されている生物は、森林伐採や乱獲、ダム建設などが原因とされており、そこで伐採された木材は私たちが普段住んでいる家などに、ダムで生み出された電力はアルミニウム精錬のために利用され、その一部は私たちの普段使っている製品に形を変えています。この研究では、世界各国で深刻化している地球環境問題と、都市や企業の調達や家庭での消費とを結びつけ、そこから導き出される解決策を探るために研究をおこなっています。

どこで何をしているのか

この研究プロジェクトには、特定のフィールドはありません。代わりに、各国や各地域、各企業、各都市などが出しているデータを大型のワークステーションやスーパーコンピュータなどを使って分析しています。研究は、国内外の大学や研究機関と共同で進めており、主にプログラミングによってデータの分析をおこないます。ただ、フィールドワークを置き換えるわけではなく、むしろ、地域に入り込んで活動している研究者と共同して問題に取り組むことで、より問題の解決に近づくと考えています。

これまでにわかったこと

これまでの研究で、世界13,000の各都市の消費によって、どの程度の二酸化炭素がサプライチェーンを通して排出されているのかを明らかにしてきました。世界の都市は、その都市の中だけで完結しているのではなく、都市の外で生産された製品やサービスを消費しており、その過程で排出された環境負荷を理解することは、都市の持続可能性を理解することに役立ちます。世界の各都市の次に、日本の家計消費のマイクロデータとサプライチェーンデータベースを統合することに成功しました。これにより、日本の各都市の二酸化炭素排出を推計することができ、各市区町村のレベルで、二酸化炭素排出がどの程度であるかを容易に知ることができます。

図1: 京都をはじめとする都市は、直接環境負荷を排出するわけではなく、製品やサービスの輸入を通じて、都市の外側で環境負荷を排出しており、その実態を明らかにする。

図1: 京都をはじめとする都市は、直接環境負荷を排出するわけではなく、製品やサービスの輸入を通じて、都市の外側で環境負荷を排出しており、その実態を明らかにする。

伝えたいこと

ある家庭や企業、都市がその中だけで成り立っているわけではなく、その外から多くの製品やサービスを調達することや、購入することよって成り立っています。そして、その過程で多くの環境負荷を排出したり、環境影響を引き起こしたりしています。しかしながら、その影響は十分に明らかになっていません。本プロジェクトの研究成果がその影響を一部ではありますが見える化し、消費や調達が変化するようになればと考えています。

特筆すべき事項

2018年、世界約13,000都市の都市に暮らす人びとが消費を通じて排出する二酸化炭素(CO2)の量についての分析結果を公表しました。これまで、個別の事例で都市のカーボンフットプリントを計算した研究はありましたが、世界各国の都市のカーボンフットプリントを包括的に推計した研究は初めてです。本研究成果は学術雑誌「Environmental Research Letters」誌に掲載されました。

2019年、日本国内約60,000世帯の食の消費データを分析しました。その結果、二酸化炭素を多く排出している家庭は、少ない家庭と比較して、アルコール飲料(3.3倍)や菓子類(2.0倍)、レストラン(2.0倍)、野菜、魚の消費額が大きく、カーボンフットプリントに影響していることが明らかになりました。既存研究では、国別に食のカーボンフットプリントを推計していましたが、今回の研究では、個々の家庭レベルでどのような違いがあるのかを明らかにしました。本研究成果は学術雑誌「One Earth」誌に掲載されました。

図2: 日本の消費によって世界各国で種を絶滅の危機に晒している場所を地図上に視覚化

図2: 日本の消費によって世界各国で種を絶滅の危機に晒している場所を地図上に視覚化

図3:世界各都市における一人あたりのカーボンフットプリント

図3:世界各都市における一人あたりのカーボンフットプリント

集合写真

メンバー

プロジェクトリーダー

氏名所属
金本 圭一朗 総合地球環境学研究所准教授

東北大学博士後期課程修了博士(学術)。2014年から2016年まで九州大学持続可能な社会のための決断科学センター講師、2016年から2018年まで信州大学経法学部応用経済学科講師、2018年より現職。研究関心は産業エコロジー、環境経済学、産業連関分析、ネットワークなど。特に、グローバルサプライチェーンとそのサプライチェーンにともなって発生する環境負荷・環境影響の推計に関する研究に従事しています。

研究員

氏名所属
NGUYEN, Tien Hoang 上級研究員
FRY, Jacob Redman 上級研究員
TAHERZADEH, Oliver Ahrash 上級研究員
FARABI-ASL, Hadi 研究員
LEE, Jemyung 研究員
山田 大貴 研究員
片渕 結矢 研究員
高田 尚子 研究推進員
  1. HOME
  2. 研究プロジェクト
  3. 研究プロジェクト一覧
  4. フルリサーチ・プレリサーチ
  5. グローバルサプライチェーンを通じた都市、企業、家庭の環境影響評価に関する研究
↑ページトップへ
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)  Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん