実践プログラム3

サニテーション価値連鎖の提案

─地域のヒトによりそうサニテーションのデザイン
  • FS1
  • FS/PR
  • FR1
  • FR2
  • FR3
  • FR4
  • FR5

研究プロジェクトについて

人間のし尿を無害なものにするサニテーションの確立は世界の課題です。課題を抱える開発途上国と日本を対象に、地域のし尿に対する文化・環境・経済とサニテーションの関係を踏まえ、先進国と開発途上国の共通の目標として、「サニテーション価値連鎖」を提案します。「サニテーションは『価値』の創造であり、人間や地域の価値連鎖そのものである」という視点を基本にします。

なぜこの研究をするのか

人間の排出するし尿や排水を無害なものにするサニテーションは公衆衛生、環境・生態系管理に加え、資源問題を左右する重要な要素です。世界では開発途上国の住民を中心に約24億人が適切なサニテーションにアクセスできていません。また、これらの開発途上国では不十分なサニテーションと関連して、5歳以下の死亡率が高く、貧困の問題も生じており、今後さらなる人口増加が予想されています。一方、日本等の先進国では、低経済成長・人口減少・高齢化社会の進展により下水道などのインフラの維持が難しくなると予想されています。2050年の世界人口は約100億人と推定されています。「人の健康・環境負荷低減・食糧増産・資源管理の関係性の中で、100億人から排出されるし尿・排水をどう扱えばよいか?」この問の答えが必要とされています。

どこで何をしているのか

〈プロジェクトで設定している仮説〉

この問の答えを得るために、3つの仮説を用意しています。

  1. 仮説①:
  2. 住民は地域特有の文化、価値と社会経済条件、環境条件の中で暮らしている。現状のサニテーション問題は、住民やその集団の価値観とサニテーションの提供する価値が適合していないことに起因している。

  3. 仮説②:
  4. 一方、サニテーションの技術はさまざまな関連主体、社会制度、人間のし尿等に対する規範等によって成り立っている。このような技術の存立条件と地域の状況が適合しない場合があり、このことが問題を深刻にしている。

  5. 仮説③:
  6. プロジェクトで提案するサニテーション価値連鎖が解決策となる。

    提案しているアプローチ:

    1. (1)
    2. コミュニティの価値体系を知り、この価値体系の中にサニテーションのしくみを組み込む。

    3. (2)
    4. 関連する各主体の価値体系とお互いの親和性を知り、価値の連鎖を共創する。

    5. (3)
    6. 価値連鎖をいかす技術を用意する。

〈プロジェクトで設定している課題〉

これらの仮説の検証のために、4つの課題を設定しています。

  1. 課題①:
  2. 現地調査により、住民やコミュニティの価値観、し尿に対する規範を知り、サニテーションを住民の生活との関係でとらえなおす。

  3. 課題②:
  4. 現在の多様なサニテーション技術をその存立条件の関係からとらえなおす。そして、サニテーションの提供する目にみえにくい価値を再評価する。また、住民の価値観や地域の条件を理解した上で、価値連鎖をいかす新しいサニテーション技術を開発する。

  5. 課題③:
  6. 具体的な場所を選定してサニテーション価値連鎖の提案と共創の実証をおこなう。

  7. 課題④:
  8. 価値連鎖共創のためには、研究成果を多様な関係者に伝える努力が必要である。地球研の資源と機関連携をいかし、多様な媒体による成果表現・発信法を開発する。

〈現地調査などをおこなっているフィールド〉

サニテーションのしくみが普及していない開発途上国の都市部(ザンビア、インドネシア、ブルキナファソ)と農村部(ブルキナファソ、インドネシア)で調査をおこなっています。日本国内では、高齢化・人口減少社会の例として、北海道の石狩川流域の農村部で研究をしています。

〈プロジェクトの研究チーム〉

北海道大学との機関連携の下でおこなっています。公衆衛生・保健学、衛生工学、農学、経済学、人類学の専門家でチームを作っています。また、ザンビア大学、インドネシア科学院、ブルキナファソの地元NGO(AJPEE)と協定を結んでいます。

〈プロジェクトのサニテーションの考え方〉
図1: Co-creationからみた3つの価値のコンセプト図(片岡原図)

図1: Co-creationからみた3つの価値のコンセプト図(片岡原図)

多分野の専門家がかかわることで、サニテーションの課題を物質的な循環だけではなく、健康、物質、社会−文化のそれぞれにおけるサニテーションの価値の総体として捉える理解の枠組みをつくりました(図1)。そのなかでは、社会と文化に埋め込まれた価値観を掘り起こし、サニテーションに関係するアクターとの協調による新たなサニテーション・システムの共創をおこないます。その結果としてつくりあげられるサニテーション価値連鎖のシステムが、コミュニティ内での健康状態を向上していくというプロセスを構想しています。

これまでにわかったこと

図2: どのようなルートで病原菌が体に入るか(バングラディシュでの測定例.Harada et al. (2017) Fecal exposure analysis and E. coli pathotyping: a case study of a Bangladeshi slum, International Symposium on Green Technology for Value Chains 2017, 23-24 October, 2017, Balai Kartini, Jakarta.)

図2: どのようなルートで病原菌が体に入るか(バングラディシュでの測定例.Harada et al. (2017) Fecal exposure analysis and E. coli pathotyping: a case study of a Bangladeshi slum, International Symposium on Green Technology for Value Chains 2017, 23-24 October, 2017, Balai Kartini, Jakarta.)

  1. (1)
  2. 資源を回収するためのトイレ:都市部のし尿を肥料として価値あるものにして農村で利用する価値連鎖に必要な、「尿を濃縮できるトイレ」や「リン肥料を作ることができるトイレ」の技術を開発しました。

  3. (2)
  4. 病原菌の伝搬を追跡する:病原菌はさまざまなルートを経て伝搬しています。この伝搬のルートを分子生物学の手法で分析しました。バングラデシュで調査した例では、水浴び時に病原菌に感染しているということ、水を飲む場合、コップの汚染が重要であることがわかりました(図2)。

  5. (3)
  6. インドネシア・バンドン市内の集住地域の小学生を対象に手洗いと健康状態を調査しました。その結果、低身長・やせ・下痢のリスク要因として、男児であること、タンク水よりも水道水を飲用すること、飲料水の貯蔵方法がふた無しのコンテナであること、世帯の収入の低さ、手洗いの際にタオルを使わないことが明らかになりました。また児童の手に付着した糞便由来大腸菌のリスク要因としても、男児であることや、手洗いの不十分さや石けんの未使用、衛生知識やそれに則った実践の低さがあることがわかりました。

伝えたいこと

私たちの研究は、「将来のサニテーションのしくみをどのようにしていけばよいか?」そして「このしくみを支える技術はどのようなものになるか?」の答えを提案できると考えています。この提案は、従来の社会インフラを計画・維持していく考え方を変えることができるのではないかとも考えています。加えて、これまでのサニテーションの技術は「し尿や排水は廃棄物であり、処理しなければならない」という考えを基礎としてきました。私たちはこの技術の考えを「し尿や排水は個人の貴重な財産であり、技術はこの財産の価値を高めること」へと転換することをめざしています。

 

特筆すべき事項

  1. (1)
  2. サニテーションプロジェクトで創刊した国際学術雑誌“SanitationValue Chain”(ISSN:2432-5066)第3号と第4号を刊行し、学問分野を越えた多分野の論文を編集・出版しています(図3)。

  3. (2)
  4. ザンビアでは、衛生改善モチベーションの持続性向上・波及を目的として、現地の子ども・青年グループと共同で2つのワークショップを開催しました。ひとつは、メンバー自身が身の回りの糞便汚染を測定しました。目に見えない汚染を自ら測定して「見える化」したことで問題意識も高まり、具体的な改善策を話し合うことができました(写真1)。もうひとつは、サニテーションに関連するコミュニティの問題と思う情景を写真に撮り、その写真を映像に構成しなおしました。このような可視化によって活動をメンバー内で共有しました。

  5. (3)
  6. サニテーションプロジェクトを対象としたメタ研究(研究プロジェクトの研究)をおこないました。理系の研究者が多くいる研究プロジェクトに入った文系の研究者の戸惑いや試行錯誤を論文として記述・分析しました。また、プロジェクトの研究会などの議論を録音・録画することで「文理融合」の現場を記録していき、異分野間のコミュニケーションがどのようになされているのかを共同研究として進めています。

写真1: ザンビアでのワークショップ:自らサンプルを採取し、簡易処理している(写真:片岡)

写真1: ザンビアでのワークショップ:自らサンプルを採取し、
簡易処理している(写真:片岡)

集合写真

メンバー

プロジェクトリーダー

氏名所属
山内 太郎総合地球環境学研究所教授/北海道大学大学院保健科学研究院教授

アジア、オセアニア、アフリカの農漁村、都市、狩猟採集社会において人びとのライフスタイルと栄養・健康・QOLについて住民目線のフィールド調査をおこなっています。

サブリーダー

氏名所属
船水 尚行室蘭工業大学理事・副学長

研究員

氏名所属
中尾 世治 特任助教
林  耕次 研究員
白井 裕子 研究員
木村 文子 研究推進員
本間 咲来 研究推進員

主なメンバー

氏名所属
池見 真由 札幌国際大学観光学部
井上  京 北海道大学大学院農学研究院
牛島  健 北海道立総合研究機構建築研究本部
片岡 良美 北海道大学大学院工学研究院
佐野 大輔 東北大学大学院工学研究科
清水 貴夫 京都精華大学人文学部
鍋島 孝子 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院
原田 英典 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
藤原  拓 高知大学教育研究部
LOPEZ ZAVALA, Miguel Angel Instituto Tecnológico y de Estudios Superiores de Monterrey, Mexico
NYAMBE, Imasiku Anayawa University of Zambia
SINTAWARDANI, Neni Indonesian Institute of Sciences (LIPI)
  1. HOME
  2. 研究プロジェクト
  3. 研究プロジェクト一覧
  4. フルリサーチ・プレリサーチ
  5. サニテーション価値連鎖の提案
    ─地域のヒトによりそうサニテーションのデザイン
↑ページトップへ
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)  Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん