実践プログラム

土地利用革新のための知の集約プログラム

FairFrontiersプロジェクト

プロジェクト概要

中央アフリカや東南アジアの熱帯地域では、フロンティア(開拓地)での森林破壊により、景観や生業、また地域住民の福利(wellbeing)の急速な変容が起きています。このことはグローバルな環境問題であると同時に地域の社会・生態システムの危機でもあります。このプロジェクトでは、森林フロンティアにおける開発と変容をさまざまな背景をもつ地域で事例研究をおこない、よりパワーバランスが取れた(衡平)、持続可能な開発経路を可能にする条件について明らかにします。

熱帯地域の森林と農地の境界地域では、元々、耕作地と休耕地、森林とがモザイク状に存在し、その多様な生態系から地域住民は社会的、文化的に支えられ、日々の生活に必要な食糧や日用品を得てきました。しかし、そこで代々土地と資源に対する権利を有してきた焼き畑農家や小規模農家が消え、均質的な景観の商業農地へと急速に変わりつつあります。この変化は多くの複雑な問題をはらんでいます。土地開発は、しばしば「持続可能な開発」という名目で進められますが、多くの場合、小規模農家は地元の権力者や外部の投資家と比べて受ける恩恵が少なく、社会的にも生態系にも期待されるような成果をもたらさないことがほとんどです。こうした状況は、森林や土地の利用権をめぐる政治、制度、権力構造の根本的な問題を反映しているといえます。このプロジェクトでは、学際的、超学際的なアプローチを用いて、「森林と農地の境界(フロンティア)は誰の権益で変化し、誰が利益を得て、誰が不利益を被るのか」、「生態系においても持続可能で、社会的に衡平な結果をもたらすことができる政策の選択肢にはどのようなものがあるのか」を問いかけていきます。

写真1:森林-農業フロンティア(マレーシア・サバ州)

これらの研究課題に取り組むために、プロジェクトは5つの連結するモジュールで構成されており(図1)、インドネシア、マレーシア(サバ州、サラワク州)、ミャンマー、ラオス、カメルーン、コンゴ民主共和国の事例研究地域で調査を実施します。

図1:プロジェクト構成

モジュール 1 植民地などの歴史的背景を踏まえた森林や土地に関する政策の構築や、その現代における経緯を掘り下げ、森林と農地の間のフロンティア(開拓地)において、政策がどのように土地開発を形づくり問題を起こしているのかについて、批評的かつ論理的な分析を行う
モジュール 2・3 様々な手法と参加型アプローチを用いて、生態系サービスとウェルビーイングが、フロンティアでどのように変化しているかを検証する
モジュール 4 学際的アプローチを用いて、多様な地域のナラティブを含めた持続可能な未来を実現するための知恵を共同で探求する
モジュール 5 体系化された定性的、定量的分析を用いて、各モジュール、規模、国を横断する統合的な比較分析を行う

研究の進捗状況

これまでにわかったこと

Fairfrontiersでは生態系サービスとウェルビーイングの相互関係、特に非物質的なウェルビーイングに焦点を当てた文献レビューと実証分析を行っています。この考え方は、狭い経済的価値観にとどまらず、人々が自然とどのように関わり、どのように価値を見出すかについて多様性を認めるIPBESのアプローチ(https://www.ipbes.net/)に沿ったものです。

コンゴ民主共和国では、様々な政策提言の連合体が森林伐採政策に与える影響の分析をするためツイッターデータを使用しました(Malkamäki et al., in press)。その他、マレーシア・サバ州の森林カーボンオフセット政策と、カメルーン・クリビにおけるアブラヤシ開発について、支援と反対の両方の活動を調べるため、新聞等メディアを使用した分析などを行っています。これらの分析により、discourse(制度や権力と結びついた言語表現)がいかに森林フロンティアにおける開発に影響を与え、先住民族や地域社会を排除し、衡平性を欠いた結果をもたらしているかを理解することができます。

特筆すべき事項

このプロジェクトの分析の枠組みは、権力と日常政治の理論、社会的で環境論的な正義、生態系サービスの科学に基づいて構築されています。2022年度は、プロジェクトの地元NGOパートナーのGreen Development Advocatesと学院生インターンと共にカメルーンのクリビ地域においての現地調査を始めました。(写真2・3)

写真2:大学院生インターンがクリビ地域で調査を行っている様子

写真3:研究員とインターンが調査の内容を確認

また、学術文献を用いて森林辺境における「開発」のナラティブとその持続的な問題について批判的レビューなど (Wong et al. 2022) 背景の詳細な研究を継続し、カメルーンにおける先住民の権利 (Tsanga et al. 2022) と環境保全の実践の不公正 (Assembe-Mvondo et al., in press)、インドネシアにおける知識共同生産の政治 (Sahide et al. 2023) を取り上げたいくつかの実証論文を作成しました。

Assembe-Mvondo, S., Tieguhong, C.J., Wong, G., Brockhaus, M. Crises, complexities and claims in protected areas: Landscapes of (in) coherent biodiversity governance and social-environmental injustice in Southwest Cameroon. In, Ongolo, S., Krott, M (eds.), Power Dynamics and Biodiversity Crisis in African Forests. Routledge Studies in African Politics and International Relations; peer reviewed, in press.

Sahide,M.A., Fisher, M.R., Sirimorok, N., Faturachmat, F., Dhiaulhaq, A., Maryudi, A., Batiran, K.B., Supratman, S. (2023). Blind-spots and spotlights in bureaucratic politics: An analysis of policy co-production in environmental governance dynamics in Indonesia. Development Policy Review. https://doi.org/10.1111/dpr.12693; peer reviewed.

Tsanga, R., Assembe-Mvondo, S., Lescuyer, G., Vermeulen, C., Wardell, D.A., Kalenga, M.A., Boutinot, L., Oyono, P.R., Walters, G., Hymas, O., Abanda Ngono, F., Nguinguiri, J.C., Sartoretto, E., Ratiarison. S. (2022). The rights of local and indigenous peoples in the light of forest and conservation policies. In Eba’a Atyi et al. (Eds.). Congo Basin Forests - State of the Forests of Central Africa 2021. COMIFAC. https://www.observatoire-comifac.net/publications/edf Peer reviewed.

Wong, G.Y., Holm, M., Pietarinen, N., Ville, A., Brockhaus, M. (2022). The making of resource frontier spaces in the Congo Basin and Southeast Asia: A critical analysis of narratives, actors and drivers in the scientific literature. World Development Perspectives, 27(4): 100451. https://doi.org/10.1016/j.wdp.2022.100451; peer reviewed.

年報(業績一覧など)

メンバー

プロジェクトリーダー

Grace WONG

総合地球環境学研究所准教授/Stockholm Resilience Centre, Stockholm University

プロフィール紹介

サブリーダー

Maria BROCKHAUS University of Helsinki
Thilde Bech BRUUN University of Copenhagen
Ole MERTZ University of Copenhagen
Moira MOELIONO CIFOR

研究員

Samuel ASSEMBE-MVONDO 上級研究員
Ahmad DHIAULHAQ 上級研究員
Alimata SIDIBE 研究員
BOON Kia Meng 研究員
Catherine HEPP 研究員
簡 綾美 研究推進員

主なメンバー

Aristide Chacgom Green Development Advocates
Nyein Chan 国立環境研究所
John Kelvin EGAY Universiti Malaysia Sarawak
石川 登 京都大学東南アジア地域研究研究所
Gordon Thomas John PACOS Trust
Christine Lain Forgotten Parks Foundations
内藤 大輔 京都大学大学院農学研究科
Jules Fortunat Nkongolo Mukaya Center for Intercultural and Interdisciplinary Research for Sustainable Development in Southern
Blaise-Pascal Ntirumenyerwa Mihigo University of Kinshasa
NTIRUMENYERWA MIHIGO University of Kinshasa
Muhammad Alif K. SAHIDE Universitas Hasanuddin
酒井 章子 香港浸会大学
Odirilwe Selomane University of Pretoria
Maria Tengö Stockholm University
Sithong Thongmanivong National University of Laos

外部評価委員による評価(英語)

研究スケジュール

2019年度
(令和1)
2020年度
(令和2)
2022年度
(令和4)
2023年度
(令和5)
2024年度
(令和6)
2025年度
(令和7)
FS FS/PR FR1 FR2 FR3 FR4

研究の流れについて

研究一覧へ