実践プログラム2

生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会─生態システムの健全性

  • FS
  • PR
  • FR1
  • FR2
  • FR3
  • FR4
  • FR5

研究プロジェクトについて

栄養バランスの不均衡が引き起こす流域の環境問題と地域固有の課題をともに解決するにはどうしたらよいか?私たちの提案する流域ガバナンスは、地域の自然の価値を見直し、住民が協働して、その保全に取り組むことから始めます。保全活動を通じて地域の自然に価値をみいだした参加者が、その価値を他者と共有することによって、活動の輪を広げることをめざします。他方、自然再生によって生物多様性が豊かになると、生きもの自身の「栄養循環を高める能力」によって流域の栄養バランスが回復することも期待されます。地域の課題を解決することと流域の健全性を回復することが両立する―そんなガバナンスをめざしています。

なぜこの研究をするのか

図1 流域圏社会-生態システムの健全性を向上する順応的ガバナンス

図1 流域圏社会-生態システムの健全性を向上する順応的ガバナンス

図2 地域の活動をとおして、「生物多様性」「栄養循環」「しあわせ(Well-being)」の歯車が駆動するしくみ。歯車を好転させるプロセスを矢印で示す

図2 地域の活動をとおして、「生物多様性」「栄養循環」「しあわせ(Well-being)」の歯車が駆動するしくみ。歯車を好転させるプロセスを矢印で示す

物質的に恵まれた現代社会では、食料などモノを大量に生産・消費する過程で、リンや窒素などの栄養素が自然界に過剰に排出されます。これによって生じる「栄養バランスの不均衡」は、世界中の流域生態系において富栄養化や生物多様性の減少を引き起こしています。さらに、生物多様性の減少とともにさまざまな生態系サービス(自然の恩恵)が失われつつあります。人と人のつながりや人と自然とのつながりが希薄化する中、豊かさとは何か問い直してみます。

本プロジェクトは、流域の社会と生態系の健全性を「生物多様性(自然)」「栄養循環(モノの循環)」「しあわせ(Well-being)」の3つの指標に基づいて評価し、その向上を図る「順応的流域ガバナンス(協治)」の手法を確立することを目的とします(図1)。流域住民が地域の課題に主体的に取り組むことが、結果として、流域の環境問題の解決に結びつくよう、住民・行政・研究者など流域社会の多様なステークホルダー(利害関係者)が協働するガバナンスのしくみをつくることをめざします。

私たちは、「歯車の仮説」に基づいて、このガバナンスを実践します(図2)。この歯車は、人間が自然と向き合うことによって動き出します。失われつつある地域の自然の価値を見直し、その対象を「地域の環境ものさし」として再生・保全することから始めます(図2の①)。活動の参加者は、目に見える生き物の個体数や景観の変化をとおして、活動の有効性を実感することに喜びや楽しみを感じたり、地域の価値に共感・共鳴する仲間が増えることにやりがいを感じたりするかもしれません。この地域の絆が深まるプロセスが潤滑剤となって、「しあわせ」の歯車が回り出すことにより、自然再生活動が促されます。また、自然再生によって生物多様性が豊かになると、生きもの自身の「栄養循環を高める能力」によって流域の栄養バランスが回復すると期待されます。

このような地域活動が流域全体の健全性の向上に資する公共的な価値を生み出すことを科学的に示し、社会に見える化することによって(図2の②)、その恩恵にあずかる流域住民による地域活動への参加や緑の消費運動が促されるかもしれません。また、行政による保全活動の制度的支援につながるかもしれません。地域の活動が経済的な利益を生み出したり、地域間の交流を深めたりすることによって、地域が活性化すれば、生物多様性そして栄養循環の歯車はさらに好転すると期待されます。

地域の価値を超えて、流域の健全性を向上するための新たな価値を多様なステークホルダーと共有・共創することがこのガバナンスの究極的なゴールです。本プロジェクトでは、これら4つの歯車の好循環をもたらすしくみや条件を明らかにするためにいくつかの地域や流域で比較調査を実施しています。

どこで何をしているのか

主な調査フィールドは、生物多様性のホットスポットである琵琶湖流域です。また、アジアの途上国モデルとして、人口過密と富栄養化が深刻化するフィリピンのラグナ湖流域で比較研究を実施しています。これら2つの流域社会において、上・中・下流の地域で取り組む自然再生・保全活動に焦点を当てながら、地域と流域の2つのスケールから重層的なガバナンスを実践しています。

これまでにわかったこと

琵琶湖・野洲川中流域に位置する小佐治は、良質のもち米の産地として知られます。丘陵地形のため河川水へのアクセスが限られる当地の谷津田では、かつて天水灌漑が営まれていました。近年、灌漑ダム建設と圃場整備により、生産効率は飛躍的に向上しましたが、本来の水循環が改変され、水辺のつながりが失われたことによって、河川の富栄養化が進み、湿地生物の多様性が低下してしまいました。そこで、地域住民と協働して、伝統的な灌漑による水・栄養循環を見直し、人と生きもののにぎわいを取り戻す取り組みを始めました。ニホンアカガエルを「地域の環境ものさし」として、地域の生業の知恵と生物多様性や栄養循環に関する科学の知識を交流させることにより、現在、生息地のつながりを再生する取り組みの輪が地域の中で広がりつつあります(写真1)。

他方、比較対象地であるラグナ湖のシラン−サンタ・ローザ流域には、経済活動の波が押し寄せつつあります。人口が集中する中・下流域では、リンや窒素の負荷による富栄養化と生物多様性の低下が深刻です。また、飲み水や灌漑を地下水に依存する当該流域では、地下水の枯渇や化学汚染による健康被害が懸念されています。現在、現地研究者や行政と協働して、河川水や地下水のリン・窒素汚染の状況を調査しています。先端的な調査手法を駆使して汚染源を特定し、問題解決に向けて多様なステークホルダーが情報共有できる場を整備しています。

また、シラン−サンタ・ローザ中流域のカルメン村では、地域を活性化する自然資源として多様な生態系サービスを生み出す「聖なる泉」を保全する住民活動を支援しています(写真2)。

写真1 小佐治におけるニホンアカガエルを「地域の環境ものさし」とした生きもの観察会(左)と生きものマップ(右)

写真1 小佐治におけるニホンアカガエルを「地域の環境ものさし」とした生きもの観察会(左)と生きものマップ(右)

写真2 カルメン村の聖なる泉を活用したエコツーリズム(左)。泉の維持・管理は地元婦人会が担う(右)。

写真2 カルメン村の聖なる泉を活用したエコツーリズム(左)。泉の維持・管理は地元婦人会が担う(右)。

伝えたいこと

先進国は、科学技術や法的規制によって富栄養化を克服してきました。昔に比べて川はきれいになりましたが、川辺で遊ぶ人の姿はめっきり減りました。水道や下水道の普及によって、私たちの暮らしは便利で快適になりましたが、身近な水辺をとおして、人や自然と触れ合う機会は失われつつあります。物質的に恵まれ、インフラによって安心・安全が保障される現在の暮らしは、はたして「しあわせ」といえるでしょうか? この研究を通して、豊かさとは何か? 「しあわせ」とは何か? その答えを追い求めます。

集合写真

メンバー

プロジェクトリーダー

氏名所属
奥田 昇総合地球環境学研究所准教授

京都大学生態学研究センターにて、生態学の立場からミクロとマクロをつなぐ生物科学の統合を図ってきました。現在は、超学際 アプローチにより、流域環境問題を解決すべく社会と科学の共創をめざしています。人と自然と酒をこよなく愛する。

プロジェクト研究員

氏名所属
淺野 悟史プロジェクト研究員
池谷  透プロジェクト研究員
石田 卓也プロジェクト研究員
上原 佳敏プロジェクト研究員
渡邉 桐枝プロジェクト研究推進員

主なメンバー

氏名所属
谷内 茂雄京都大学生態学研究センター
岩田 智也山梨大学大学院総合研究部
伴  修平滋賀県立大学環境科学部
大園 享司同志社大学理工学部
陀安 一郎総合地球環境学研究所
脇田 健一龍谷大学社会学部
SANTOS-BORJA, Adelina C.Laguna Lake Development Authority
  1. HOME
  2. 研究プロジェクト
  3. 研究プロジェクト一覧
  4. フルリサーチ
  5. 生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会─生態システムの健全性
↑ページトップへ
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)  Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん