Topics

     

  • プロジェクトのリーフレットができました。こちらからダウンロードできます。


  • 【NEW】平成30年度地球研写真・映像コンテストに栄養循環プロジェクトから6名受賞しました。もっと見る→Facebook


  • 平成30年12月2日(日) 滋賀県立琵琶湖博物館にて第25回地球研 地域連携セミナー「地域のにぎわいと湖国の未来」開催いたしました。ゆりかご水田WGの成果としてセミナーの内容を追加しました。パネルディスカッションで話し合った内容はこちらからご覧になれます。(PDFが開きます)もっと見る→Facebook



  • 10/23(火)〜24(水)琵琶湖博物館及び琵琶湖において『研究者向けワークショップ情報』第一回I-URICワークショップ「よそもの学からみたコイとヒトの関わり」の開催レポートを公開しました。
    もっと見る→Facebookプログラムダウンロード


  • 2018.10.14-19 世界湖沼会議の報告をFacebookへ公開
    もっと写真を見る


  • 2018.10.14-19 世界湖沼会議においてリア研究員が霞ヶ浦賞を受賞
    もっと見る→Facebook


  • 2018.10.8 甲賀市の櫟野寺でのイベントでポスターによる研究紹介を実施
    もっと見る→Facebook


  • 2018.10.8 石田研究員が日本陸水学会で優秀口頭発表賞を受賞
    もっと見る→Facebook ・ 地球研Webサイト


  • 2018.10.3 フィリピンドローン撮影レポケソン市行政機関訪問レポをFacebookへ公開(2018.8/15実施)


  • 2018.8.27 びわコミ会議レポ写真動画をFacebookへ公開(2018.8/26開催)


  • 【おしらせ】 栄養循環プロ水草堆肥WGとオープンチームサイエンスプロジェクト が連携する大津市の市民団体「水宝山(水草は宝の山)」ホームページの開設


  • 2018.8.27 フィリピンセブンレイク調査レポ写真をFacebookへ公開(2018.8/15実施)


  • 2018.9/24 第3回国際シンポジウム「Decision Science for Future Earth」にて奥田リーダーと水草堆肥WG 近藤康久 准教授が発表
    もっと見る→Facebook


  • 2018.8.17 フィリピン カルメン祭りの写真動画を公開


  • 2018.7.27地球研オープンハウスでは体験型イベント「川の調査を体験しよう」の写真動画をFacebookへ公開


  • 2018.7.23 びわ湖の水草ワークショップレポをFacebookへ公開2018.7/21)


  • 2018.7.23 フリピンレポをFacebookへ公開(2018.7/15-19)


  • 2018.7.23 亀岡生き物大学開校式での淺野悟史共同研究員の記事が京都新聞に掲載
    もっと見る→Facebook


  • 2018.7.12 水草堆肥ワーキング・グループの研究成果を更新


  • 2018.7.12 内湖のエリ漁(2018.7/1撮影)の動画を公開


  • 2018.7.12 甲賀木の駅プロジェクト訪問報告をFacebookへ公開(2018.7/9実施)


  • 2018.6.25 甲賀市佐山小学校 生きもの観察会報をFacebookへ公開(2018.6/24開催)


  • 2018.6.11魚のゆりかご水田 田植え体験会(2018.5/12開催)の動画をFacebook Youtubeへ公開


  • 2018.6.6 第21回地域連携セミナー(2018.2/24開催)の動画を公開


  • 2018.5.31 同位体ワークショップの報告を Facebookへ公開


  • 2018.5.21 びわ湖と暮らしのアンケート集計結果を公開


  • 2018.5.21 採用情報:技術補佐員を1名募集(2018年6月11日(月)必着) 締め切りました。 


  • 2018.5.20 日本地球惑星科学連合2018年大会参加レポをFacebookへ公開


  • 2018.4.14 びわ湖水草プレワークショップを開催。三井物産環境基金の助成を受けて、オープンチームサイエンスプロジェクトと栄養循環プロジェクトの共同研究の一環として実施のワークショップです。
    もっと見る→ Facebook


  • 2018.4.13 滋賀県野洲市須原にて魚道の設置を実施
    もっと見る→Facebook


  • 動画のページを開設しました。プロジェクトの紹介やイベントレポートなどの成果をわかりやすく動画で発信します


  • 生態学系雑誌 Ecological Research において、プロジェクトリーダーの奥田昇准教授およびプロジェクトメンバーの京大・伊藤雅之助教らの共著論文 "Integrating isotopic, microbial, and modeling approaches to understand methane dynamics in a frequently disturbed deep reservoir in Taiwan" が第18回Paper Awardに選ばれました。


  • 2018.3.5 フィリピンのレポートを Facebookへ公開


  • 2018.2.24滋賀県甲賀市 甲賀公民館(かふか生涯学習館)で実施の第21回地域連携セミナへ130名が来場
    もっと見る→ Facebook


  • 第18回自然環境復元学会にて池谷研究員が研究成果を発表(2/14開催)
    もっと見る→ Facebook


  • 2018.2.6 石田研究員と淺野悟史共同研究員が淡海の川づくりフォーラムで準ブランプリ受賞
    もっと見る→ Facebook


  • びわ湖と暮らしについてのアンケート調査の返送受付を1月31日をもちまして終了しました。ご協力下さいました皆様には厚くお礼申し上げます。調査結果はびわこの水草・水質調査やゆたかな暮らしづくりに役立てます。


  • 2018.1.17 今年より新メンバーが加入
    もっと見る→ Facebook


  • 2018.1.17 柳平湖・平湖での調査報告を Facebookへ公開


  • 2018.1.9 あけましておめでとうございます。新年もちつきワークショップの記事を Facebookへ公開


  • 過去のニュースはこちら

About Us

私たち栄養循環プロジェクトでは自然の中の栄養素の流れを調査し、その地域のひとびとの生活と自然の豊かさの関係を調べています。そして地域のひとたちといっしょに豊かな生態系を保つことと、ひとのしあわせが両立する方法を研究しています。

プロジェクトの概要

栄養バランスの不均衡が引き起こす流域の環境問題と地域固有の課題をともに解決するにはどうしたらよいか? 地域の自然の価値を見直し、住民のみなさんが協働して、その保全に取り組むことから始めます。

どこで何をやっているのか?

生物多様性のホットスポットである滋賀県びわ湖流域と近年急速な経済発展による富栄養化や生物多様性の低下・河川汚染が深刻なフィリピンラグナ湖流域を主な調査フィールドとして比較研究を行っています。

メンバー

京都市北区上賀茂に位置する総合地球環境学研究所に事務局を置き研究活動を行っています。また、所内以外の教育・行政など多様な機関と連携し、国内外約100名のメンバーと調査・研究を行っております。

主な調査チーム

 

湖育む森(びわ湖上流)

滋賀県甲賀市大原財産区にて甲賀の森と河川やびわ湖のつながりを実感し、流域の人たちが森林保全に関わる活動をお手伝いしています。

いきもの育む水田(びわ湖中流)

滋賀県甲賀市小佐治にて地元農家の方たちが営む伝統的な農業の知恵を活かした田んぼのいきもの保全活動をお手伝いしています。

ゆりかご水田(びわ湖下流)

滋賀県野洲市須原など湖辺の水田を対象として始まった滋賀県の「魚のゆりかごプロジェクト」に住民の参加をうながすしくみ作りのお手伝いをしています。

内湖つながり再生(びわ湖沿岸)

内湖とよばれる滋賀県草津市志那町の平湖や柳平湖で産卵におとずれる魚の生態や水の調査を行い、地域の方たちの環境を見守るお手伝いをしています。

水草堆肥(びわ湖沿岸)

新たな地域の資源として水草の利用をそくす活動のお手伝いをしています。

フィリピン ラグナ湖

急速な経済の発展により生活排水や産業排水が流れ込む下流や森林が伐採されて農地になった上流で抱える問題を地元行政や研究者と連携して解決に取り組んでいます。
河川・地下水サンプリングマップ

 

 

 

 

 

ブログ

調査活動やイベント等のブログ

会議・セミナー

会議・セミナー・シンポジウム等のブログ

動画

映像によるプロジェクトの研究活動のブログ

Photo

那須ヶ原山登山

滋賀県 甲賀市 大原

いきもの観察会

滋賀県 甲賀市 小佐治

地元農家の方と研究員

滋賀県 甲賀市 小佐治

魚道の設置

滋賀県 野洲市 須原

田植え体験

滋賀県 野洲市 須原

フィリピンレポート

フィリピン

その他の写真アルバムはこちら

 

 

 

Visitors   カウンター