プログラム ― プロジェクト制

地球研では、既存の学問分野や領域で研究活動を区分せず、「プログラム-プロジェクト制」によって総合的な研究の展開を図っています。

1. プログラム

  • プログラムは、実践プログラムとコアプログラムから構成されます。
  • プログラムの下には複数の研究プロジェクトがあります。研究プロジェクトは、プログラムの重点課題に沿って研究を実施します。
  • 国内外の研究者などで構成される研究プログラム評価委員会(External Research-Evaluation Committee)による評価を、毎年度実施し、それぞれのプログラムの自主性を重んじつつ、評価結果を研究内容の改善につなげていくように配慮しています。また、すべての研究プロジェクトが研究の進捗状況や今後の研究計画について発表を行ない、相互の批評とコメントを受けて研究内容を深める場として、研究プロジェクト発表会を毎年開催しています。

実践プログラム

実践プログラムは、第3 期中期計画で重点的に取り上げた地球環境問題の解決に向けた研究を進めるプログラムです。それぞれの課題に対し、人々の意識・価値観や社会の具体的なあり方の転換などの選択肢を、社会における協働実践を通じて構築・提示します。

  1. 実践プログラム1:環境変動に対処しうる社会への転換
  2. 人間活動に起因する環境変動(地球温暖化、大気汚染などを含む)と自然災害に柔軟に対処しうる社会への転換をはかるため、具体的なオプションを提案します。

  3. 実践プログラム2:多様な資源の公正な利用と管理
  4. 水資源・生態資源を含む多様な資源の公正な利用と最適な管理、賢明なガバナンスを実現するため、資源の生産・流通・消費にかかわる多様なステークホルダー(利害関係者)に対して、トレードオフを踏まえた多面的なオプションを提案します。

  5. 実践プログラム3:豊かさの向上を実現する生活圏の構築
  6. 都市や農山漁村からなる生活圏における居住環境の改善と生活圏相互の連関を通じた豊かさの向上を実現するために、行政及び住民と共に、実現可能な選択肢を提案します。

コアプログラム

コアプログラムは、地球研のミッションを踏まえ、研究戦略会議で策定された戦略・方針を実現するために、継続的に必要とされる研究を推進するプログラムです。第3期中期目標・中期計画においては、社会との協働による地球環境問題解決のための理論・方法論の確立を行ないます。

コアプログラムではコアプロジェクトの研究成果が、地球研のセンターの活動などを通じて、地球環境問題の解決をめざす国内外の研究機関・研究者や社会の多様なステークホルダーと共有され、地球環境問題の解決に向けて真に有効な方法論となっていくことをめざします。

2. プロジェクト

実践プロジェクト(個別連携型および機関連携型)とコアプロジェクトはいくつかの段階を経て研究を積み重ねていくことによって形成されます。IS(インキュベーション研究 Incubation Studies、実践プロジェクトのみ)、FS(予備研究 Feasibility Studies)、PR(プレリサーチ Pre-Research、実践プロジェクトのみ)、FR(フルリサーチ Full Research)という段階を通じて、研究内容を深化させ、練り上げていきます。

実践プロジェクト

  1. 個別連携型
  2. 個人または少人数の研究者グループから、実践プログラムの趣旨に沿った独創的な研究のアイデアを広く公募し実施するプロジェクト

  3. 機関連携型
  4. 地球研と大学・研究機関などとの協定のもとで、機関同士の連携による共同研究として、研究プログラムの趣旨に沿った研究を公募し実施するプロジェクト

コアプロジェクト

コアプログラムの趣旨に沿った研究アイデアを広く公募し、個人または少人数の研究者グループを中心とした研究または地球研と大学・研究機関等との連携による共同研究として実施するプロジェクト

研究プロジェクトの進め方
  • Page Top
  1. HOME
  2. 研究プロジェクト
↑ページトップへ
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)  Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん