【要旨募集】アジア太平洋圏の食農倫理学会[締切 7/31]

(Asia Pacific Society for Agricultural and Food Ethics Conference: APSAFE)
flyer  

12月3日~16日にわたりアジア太平洋圏の食農倫理学会(APSAFE)の第4回国際会議をオンラインで開催します。テーマは、「持続可能なフードシステムを支える:高品質の食べ物と倫理的消費」("Supporting Sustainable Food Systems: Quality Food and Ethical Consumption")です。研究者の方のみならず、学生、政策立案者、コミュニティ活動家、実務家、およびこのテーマにご関心のある方なら、どなたでもご参加いただけます。

フードシステムをより持続可能なものにするためには、農林水産業をはじめとする食料生産のあり方を再考し、再構築することはもちろんのこと、それらと深く結びついた社会や技術のあり方や、気候変動をはじめとする環境条件の急激な変化にも目を向ける必要があります。APSAFE2020は、より良い食の未来を描くために、学際的なネットワークを広げ、さまざまな研究成果、アプローチ、取り組みについて理解を深める場となることを目指しています。

今回のカンファレンスは、SlackとYouTubeを利用した非リアルタイム形式で行われます(カンファレンスは2週間、続きますが、毎日ログインしなければいけないわけではありません)。時差やデータ通信量の問題なく、いつでも好きなときにディスカッションに参加いただけます。

ショートペーパーの募集要項は下記のとおりです。詳細はこちらのページをご覧ください。

  • ・締切は2020年7月31日です。(※状況に応じて、8月15日まで延長される可能性があります)
  • こちらのテンプレートを使い、英文で1500語程度のショートペーパーをお送りください。
  • ・図、表、および参考文献は、語数制限にはカウントされません。
  • ・採択されたショートペーパーは、APSAFE2020のプロシーディングスに掲載されます。
  • ・報告者の方は、Springerの刊行する学術誌「Food Ethics」にフルペーパーの提出を招待されます。

皆さまのご参加を、心よりお待ち申し上げます!
また、ご関心のある方に、情報共有をいただければ幸いです。

【アジア太平洋圏の食農倫理学会】

日 時
2020年12月3日(木) - 16日(水)
場 所
オンライン(Slack, YouTube, zoom)
主 催
APSAFE, EuroSAFE
共 催
総合地球環境学研究所
連絡先
APSAFE2020事務局 E-mail
  1. HOME
  2. 成果発信
  3. イベント
  4. その他イベント
  5. 【要旨募集】アジア太平洋圏の食農倫理学会
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)  Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん