実践プログラム1

高分解能古気候学と歴史・考古学の連携による気候変動に強い社会システムの探索

  • FS1
  • FS2
  • PR
  • FR1
  • FR2
  • FR3
  • FR4
  • FR5

研究プロジェクトについて

気候の大きな変動に対して、歴史上の人びとはどのように適応してきたのか。また、その経験はこれからの社会の設計にどのように生かされるべきか。本プロジェクトでは、縄文時代から現在までの日本を対象に、高分解能古気候学の最新の成果を歴史学・考古学の膨大な知見に結びつけ、過去のさまざまな時代に起きた気候変動の実態を明らかにするとともに、気候変動に対する社会の適応のあり方を詳細に解析します。

なぜこの研究をするのか

温暖化をはじめとする地球規模の気候や環境の変化に対して、私たちはどのように適応できるでしょうか。過去の気候変動を詳細に復元する学問「古気候学」の、最近のめざましい進歩により、人類史上の画期をなすさまざまな時代にも大きな気候の変動があったことが明らかになってきています。特に、長く続いた好適な気候が、冷夏や干ばつといった厳しい気候に転じたときに、飢饉や戦乱が起きやすかったことが示されています。そうした大きな気候の変動に対して、私たちの祖先がどのように立ち向かい、打ち勝ち、あるいは敗れ去ってきたのか。歴史のなかには、地球環境問題に向き合う際の私たちの生き方に、大きな示唆を与えてくれる知恵や教訓がたくさん含まれている可能性があります。

本プロジェクトでは、縄文時代から現在までの日本の歴史を対象に、まず時代ごと・地域ごとに起きた気候変動を精密に復元します。そして、気候変動が農業生産力をはじめとする人びとの生活基盤にどのような影響を与え、当時の地域社会が、その恩恵や弊害にどのように向き合ってきたのかについて、歴史学・考古学的に丁寧に調べることで、「気候や環境の変化に強い(弱い)社会とは何か」を明らかにすることをめざします。

どこで何をしているのか

写真1 成長錐を用いた年輪コアの採取

写真1 成長錐を用いた年輪コアの採取

写真2 古文書を撮影、翻刻し気候に関連する情報をデータ化

写真2 古文書を撮影、翻刻し気候に関連する情報をデータ化


日本の人びとは弥生時代以来、水田稲作を主な生業としてきましたが、日本列島は、梅雨期などに大量の雨をもたらす夏のアジアモンスーンの北限に位置しており、そのわずかな変動が、もともと熱帯の植物であった稲の生育などに大きな影響を与えます。また、日本は識字率が高く、加えてさまざまな人びとが文書を作成したので、無数の古文書や古日記が残されています。高度成長期以来の開発にともない日本各地で発掘された多数の遺跡の情報とあわせて、膨大な歴史史料や考古資料が、気候変動に対する地域社会の応答の詳細な解析を可能にしてくれます。さらに近年、世界のなかでも日本を含むアジアモンスーン地域で特に効力を発揮する、新しい古気候復元と年代決定の手法が開発されました。水田稲作に大きな影響を与える夏の降水量の変動を記録し、木材の年輪年代の新たなものさしにもなる、樹木年輪セルロース酸素同位体比という指標です。本プロジェクトでは、日本全国およびアジアのさまざまな地域から、樹木年輪、サンゴ年輪や鍾乳石、アイスコア、湖底・海底堆積物、さらには古日記の天候記録などを取得して、詳細に気候変動を復元し、歴史史料や考古資料と対比する研究を進めています。

これまでにわかったこと

写真3-1 年輪の切り分け作業

写真3-1 年輪の切り分け作業

写真3-2 抽出された年輪セルロース

写真3-2 抽出された年輪セルロース

これまでにさまざまな時代の年輪試料を日本全国で収集し、その酸素同位体比の分析を進めてきた結果、日本各地の過去4千年以上にわたる夏の降水量の変動を、年単位で復元することに成功しました。また海外の研究者と協力し、西暦800年以降の東アジアにおける夏季平均気温の年ごとでの変動を、年輪幅の広域データベースから明らかにしてきました。1年単位で気候が復元できるようになったことで、気温や降水量の変動が、食料の生産や人びとの生活、治水や利水の取り組みにどのような影響を与えたかを、年ごとの年貢の請求書に記された、稲の収穫量のめやすとなる石高(残高)や、用水路の開削や補修などを記録した近世や中世の古文書(歴史学的情報)との対比から、詳細に明らかにできます(図1)。それはまた、水田・水路や集落の遺跡から発掘される木材の年輪年代情報とセットになった先史・古代の人びとの生業や生活の痕跡(考古学的情報)の調査からも、追究することができます。そして、そうした気候変動による影響を、歴史上のさまざまな社会がどのように受け止めたのか(受け止められなかったのか)についても、具体的に議論することができます。図2からは、10年から20年間続いた温暖期の直後に寒冷期がきている場合、日本の人びとがしばしば大きな飢饉に巻き込まれていることがわかりますが、同時に、時代ごと地域ごとに気候変動に対する社会の応答が大きく異なっていたこともわかってきました。

図1 18世紀の琵琶湖周辺の3ヶ村の免定(毎年の年貢請求書)における残高の年々変化と中部日本の年輪酸素同位体比(それぞれ規格化して表示)の関係(琵琶湖周辺では水害が農業生産の最大の阻害要因だったことがわかる)

図1 18世紀の琵琶湖周辺の3ヶ村の免定(毎年の年貢請求書)における残高の年々変化と中部日本の年輪酸素同位体比(それぞれ規格化して表示)の関係(琵琶湖周辺では水害が農業生産の最大の阻害要因だったことがわかる)

図2  10~16世紀における東アジアの夏季平均気温の年々変動(Cook et al., 2013)と日本における年あたりの飢饉報告件数(藤木、2007)の比較(気温は、1961-90年の平均値に対する偏差の形で表され、赤線はその11年移動平均値である)

写図2 10~16世紀における東アジアの夏季平均気温の年々変動(Cook et al., 2013)と日本における年あたりの飢饉報告件数(藤木、2007)の比較(気温は、1961-90年の平均値に対する偏差の形で表され、赤線はその11年移動平均値である)

伝えたいこと

地球温暖化問題に対する今日の差し迫った懸念に示されるように、気候変動はいつの時代にも人びとの生活に大きな影響を与えてきたと考えられます。しかし、不意の気候変動によって大きな被害を受ける地域もあれば、地道にその影響を克服する努力を続けてきた人びともいます。たとえば、冷害が多発した小氷期の江戸時代に、飢饉の発生を予見して民衆を飢餓から救おうとした多くの人びとの存在は、彼らが社会のなかで実際にどのような役割を果たし得たのかという歴史の現実とともに、地球環境問題に対峙する際の私たちの生き方や戦略にも大きな示唆を与えてくれます。プロジェクトに期待される最大の研究成果とは、すなわち、さまざまな気候変動に対峙した先人たちの悪戦苦闘の取り組みを、時代・地域を越えて冷静に比較分析することによって得られる、地球環境問題に対する人間社会の根本的な適応戦略の構築だと考えています。

集合写真

メンバー

プロジェクトリーダー

氏名所属
中塚 武総合地球環境学研究所教授

北海道大学の低温科学研究所や名古屋大学の大学院環境学研究科において、気候・環境変動と生態系・物質循環のかかわりについて、多分野融合型の研究を展開してきました。最近は歴史学・考古学と連携し、気候・環境変動と人間社会の根源的な関係の解明をめざしています。

サブリーダー

氏名所属
佐野 雅規総合地球環境学研究所プロジェクト上級研究員

プロジェクト研究員

氏名所属
伊藤 啓介プロジェクト研究員
鎌谷かおるプロジェクト研究員
對馬あかねプロジェクト研究員
李  貞プロジェクト研究推進支援員
手島 美香プロジェクト研究推進支援員

主なメンバー

氏名所属
若林 邦彦同志社大学歴史資料館
樋上  昇愛知県埋蔵文化財センター
田村 憲美別府大学文学部
水野 章二滋賀県立大学人間文化学部
佐藤 大介東北大学災害科学国際研究所
渡辺 浩一国文学研究資料館
安江  恒信州大学山岳科学研究所
阿部  理名古屋大学大学院環境学研究科
芳村  圭東京大学生産技術研究所
  1. HOME
  2. 研究プロジェクト
  3. 研究プロジェクト一覧
  4. フルリサーチ
  5. 高分解能古気候学と歴史・考古学の連携による気候変動に強い社会システムの探索
↑ページトップへ
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)  Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん