プログラム名実践プログラム2:多様な資源の公正な利用と管理
プログラムディレクター中静 透

 

○研究目的と内容

研究目標

水資源・生態資源を含む多様な資源の公正な利用と最適な管理、賢明なガバナンスを実現するため、資源の生産・流通・消費に関わる多様なステークホルダーに対して、トレードオフを踏まえた多面的なオプションを提案する。


ミッション
近年、Future Earth計画などに見るように、地球環境問題は互いに関連性があるため、単独の問題解決は有効でなく、多様なステークホルダーと協働して計画・成果創出 が必要であることが指摘されている。資源問題としても、エネルギー、水、食糧のNexus構造が指摘されているが、持続可能性の高い社会の構築には、これ らの資源だけでなく、生態系サービスを生む生態資源なども含めた考慮が人間の生存基盤の確保には必要である。とくに、質の高い生活や精神的な豊かさなどに つながる文化的資源も考慮した多様な資源の統合的管理が重要になっている。
資源はさまざまな空間スケールで多様なステークホルダーによって生産・ 流通・消費されており、それらのプロセスと通じて公正に利用・管理する仕組みと評価方法が必要になっている。経済活動として考えても、持続可能な社会の実 現には再生可能な自然資源の利用が鍵となっており、これまでの製造資本中心の考え方から、これまで外部化していた自然資本や人的資本、社会関係資本などを 含めた豊かさの捉え方へ、価値や行動の転換が必要である。一方、アジア地域に典型的に見るように、急速な経済成長や人口増加、都市化などを背景とした大き な変化が起こっているものの、豊かな生存基盤と文化的に結びついた持続性の高い資源利用の伝統も残っており、持続的な資源利用の将来像に大きな示唆を与え ている。
地球研の第1期、第2期を通じて、こうした事例の蓄積がある程度進んでいる一方、これまで研究の少なかった部分(エネルギー、グローバル ステークホルダーとしての企業など)もある。このプログラムでは、これらを補完する新規プロジェクトを育成すると同時に、若い研究者の斬新なアイデアも積 極的に取り入れ、これまでの研究の成果分析やコアプロジェクトとの連携を通じて、マルチリソース、マルチスケール、マルチステークホルダーでの公正な資源 利用のあり方を探る。さらに、社会の価値転換と行動変容に必要な条件を検討し、公正な資源利用を実現するための政策や社会経済メカニズムとその評価指標の 提案を行う。

○本年度の課題と成果

 プログラム2は2016 年度に終了した1プロジェクト、2017年度に終了する1プロジェクト、進行中の1プロジェクトの3プロジェクトからなる。

 2016年度に終了した「地域環境知形成による新たなコ モンズの創生と持続可能な管理(リーダー:佐藤哲)」では、バランスのよいトランスフォーメーションを引き起こすためには、ボトムアップ型のトランスレー タが重要な役割を持つことを明らかにしており、様々な空間スケールでの意思決定に関する重要な示唆を与えた。

 2017年度に終了した「アジア環太平洋地域の人間環境 安全保障―水・エネルギー・食料連環(リーダー:遠藤愛子)」では、このプログラムの基本的方向性に大きな関係をもつ、水・エネルギー・食糧ネクサス構造 を解析する手法を開発すると同時に、その実態をいくつかの地域で明らかにし、複数の資源を効率よく利用する手法に関する分析を行った。

 現在進行中の「生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会-生態システムの健全性(リーダー奥田 昇)」では、農業と流域の栄養塩の循環を持続可能な形態に保つために、生物多様性が地域住民の福利を通して重要な役割を果たすことを明らかにしつつある。

 こうしたプロジェクトの成果を受けて、プログラム全体と しては、これらのプロジェクトが行われた地域での、多様な資源とステークホルダーの間のトレードオフやシナジーの関係を分析する手法の検討を検討した。現 在までに、対象とする複数の資源やステークホルダーの関係をマトリクスの形で把握し、その効率や自給率、衡平性などを評価する手法を検討している。一方、 公正さ(fairness)に関する文献レビューを行い、これらの資源利用分析に活かす方法の検討も始めた。

○共同研究者名(所属・役職・研究分担事項)

小林邦彦 ( 総合地球環境学研究所・研究員・資源管理と国際法 )

柴田  嶺 ( 総合地球環境学研究所・研究員・生態資源 )

原口  岳 ( 総合地球環境学研究所・外来研究員・資源動態 )

○今後の課題

  課題は以下の3点と考えている。

1)資源利用の「公正さ」に関する概念的フレームの検討

 今年度検討した、衡平性に関する分析を進め、「公正さ」として考えるべきポイントやその評価指標について検討する。

2)多様な資源およびステークホルダー間のトレードオフやシナジー構造の分析手法に関する検討

 今年度検討したマトリクスによる分析手法を、これまで研究の行われてきたさまざまな地域で当てはめ、その有効性を確認する。また、資源利用の効率性や公正さの指標を検討し、地域間の比較などを行えるようにする。

3)資源利用に関する分析のスケールアップ

 これまでの分析は主として、ローカルなスケールでの分析が多かったが、この問題を国レベルやグローバルなレベルで行うためには、どのような手法を用いたらよいか検討する必要がある。また、ステークホルダーとしても国際企業などが重要な役割を持つ可能性がある。

以上のような課題の解決のため、プログラム内での検討を進めるほか、新しいプロジェクトの形成を含めて可能性を考える。

 

           

著書(執筆等)

【単著・共著】

岡部貴美子, 中静 透 2018年03月 森林の変化と人類「森林の変化と生物多様性」. 共立出版, 東京都, 249pp. 中静 透・菊澤喜八郎(編)

中静 透 2018年03月 森林の変化と人類「森林の変化と生態系サービス」. 共立出版, 東京都, 249pp. 中静 透・菊澤喜八郎(編)

【分担執筆】

中村太士,中静 透,島谷幸宏 2016年11月 考察と展望~これまでのグリーンインフラ、これからのグリーンインフラ~. 決定版!グリーンインフラ. グリーンインフラ研究会, 東京都. グリーンインフラの関する書籍 鼎談

Tohru Nakashizuka, Masaya Shimazaki, Takehiro Sasaki, Takahisa Tanaka, Hiroko Kurokawa, and Houki Hikosaka 2016,04 Influences of Climate Change on the Distribution and Population Dynamics of Subalpine Coniferous Forest in the Hakkoda Mountains, Northern Japan. Structure and Function of Mountain Ecosystems in Japan(Springer). , pp.1-15.

Kouki Hikosaka, Takehiro Sasaki, Chiho Kamiyama, Masatoshi Katabuchi, Shimpei Oikawa, Masaya Shimazaki, Hiroshi Kimura, and Tohru Nakashizuka 2016,04 Trait-Based Approaches for Understanding Species Niche, Coexistence, and Functional Diversity in Subalpine Moorlands. Structure and Function of Mountain Ecosystems in Japan. Springer. , pp.1-15.

著書(編集等)

【編集・共編】

Jotaro Urabe • Tohru Nakashizuka (Eds)編 2016年11月 Ecological Impacts of Tsunamis on Coastal Ecosystems - Lessons from the Great East Japan Earthquake. ,

Shin-ichi Nakano・Tetsukazu Tahara・Tohru Nakashizuka編 2016年06月 Aquatic Biodiversity Conservation and Ecosystem Services. Asia-Pacific Biodiversity Obseervation Network. Springer,

論文

【原著】

大野ゆかり・横山潤・中静透・河田雅圭 2018年02月 市民が撮影した写真による生物観測情報の収集, 問題点と解決方法. 種生物学会電子版和文誌 2.

Ohsawa, T., Okano, T., Nakao, F., Kabaya, K., Kofuku, S., Kikuchi, K. & Nakashizuka, T 2018,01 Underuse/overuse and diversity of provisioning services and their change: the case of the Japanese national ecosystem service assessment (JBO2). Sustainability Science:1-13. DOI:https://doi.org/10.1007/s11625-018-0531-z

小林邦彦 2017年11月 生物多様性条約における遺伝資源に関するデジタル配列情報の議論の動向と今後の法的論点. 環境情報科学学術研究論文集31. (査読付).

Takeuchi, Y., Soda, R., Diway, B., Tinjan ak. Kuda, Nakagawa, M., Nagamasu, H. & Nakashizuka, T. 2017,10 Biodiversity conservation values of fragmented communally reserved forests, managed by indigenous people, in a human-modified landscape in Borneo. PLOS ONE.

Usinowicz, J., Chang-Yang, C., Chen, Y., Clark, J.S., Fletcher, C., Garwood, N.C., Hao, Z., Johnstone, J., Lin, Y., Metz, M.R., Masaki, T., Nakashizuka, T., Sun, I., Valencia, R., Wang, , Zimmerman, J.K., Ives, A.R., & Wright, J. 2017,09 Temporal coexistence mechanisms contribute to the latitudinal gradient in forest diversity. Nature(24038):105-108.

Takano, K.T., Hibino, K., Numata, A., Oguro, M., Aiba, M., Shiogama, H., Takayabu, I. & Nakashizuka, T. 2017年09月 Detecting latitudinal and altitudinal expansion of invasive bamboo Phyllostachys edulis and P. bambusoides (Poaceae) in Japan to project potential habitats under 1.5°C–4.0°C global warming. Ecology and Evolution(ece3.3471). DOI:10.1002

Jacob Usinowicz, Chia-hao Chang-Yang, Yu-Yun Chen, James S. Clark, Christine Fletcher, nancy C. Garwood, Zhanqing hao, Jill Johnstone, Yiching Lin, Margaret R. Metz, takashi Masaki, tohru nakashizuka, I-Fang Sun, Renato Valencia, Yunyun Wang, Jess K. Zimmerman, Anthony R. Ives& S. Joseph Wright1 2017,09 Temporal coexistence mechanisms contribute to the latitudinal gradient in forest diversity. Nature 24038:105-108. DOI:10.1038

Kachina, P., Kurokawa, H., Oguro, M., Nakashizuka, T., Tanaka,H., Thinkampheang, S., Sangkaew, S. Panuthai、S. and Marod、D. 2017年09月 Effect of Forest fire on the regeneration of a bamboo species (Cephalostachyum pergracile Munro) at a mixed deciduous forest in Mae Klong Watershed Research Station, Thailand. Tropics Vol. 26(No. 2):37-48. 日本熱帯生態学会

Miki U. Ueda, Panida Kachina, Dokrak Marod, Tohru Nakashizukaa, Hiroko Kurokawa 2017,08 Soil properties and gross nitrogen dynamics in old growth and secondary forest in four types of tropical forest in Thailand. Forest Ecology and Management(398):130-139.

Imamura, K., Nakashizuka, T. Managi, S. 2017,08 Abandoned Forest Ecosystem: Implications for Japan’s Oak Wilt Disease.. Journal of Forest Economics(29):56-61.

Suzuki-Ohno, Y., Yokoyama, J., Nakashizuka, T. & Kawata, M 2017,07 Utilization of photographs taken by citizens for estimating bumblebee distributions. Scientific Reports.

正木隆, 中静透, 新山馨, 田中浩, 飯田滋生 2017年06月 小川試験地における29 樹種の胸高直径-樹高関係. 森林総合研究所研究報告(Bulletin of FFPRI) Vol.16 No.2(No.442):121-142.

Yuta Inoue, Tomoaki Ichie, Tanaka Kenzo, Aogu Yoneyama, Tomo’omi Kumagai & Tohru Nakashizuka 2017,05 Effects of rainfall exclusion on leaf gas exchange traits and osmotic adjustment in mature canopy trees of Dryobalanops aromatica (Dipterocarpaceae) in a Malaysian tropical rain forest. Tree Physiology:1301-1311.

Yuanzhi Li, Bill Shipley, Jodi N. Price, Vinícius de L. Dantas, Riin Tamme, Mark Westoby, Andrew Siefert, Brandon S. Schamp, Marko J. Spasojevic, Vincent Jung, Daniel C. Laughlin, Sarah J. Richardson, Yoann Le Bagousse-Pinguet, Christian Schöb, Antonio Gazol, Honor C. Prentice, Nicolas Gross, Jake Overton, Marcus V. Cianciaruso, Frédérique Louault, Chiho Kamiyama, Tohru Nakashizuka, Kouki Hikosaka, Takehiro Sasaki, Masatoshi Katabuchi, Cédric Frenette Dussault, Stephanie Gaucherand, Ning Chen, Marie Vandewalle, Marco Antônio Batalha 2017年05月 Habitat filtering determines the functional niche occupancy of plant communities worldwide. Journal of Ecology:130-139.

中静 透 2017年04月 陸域の生物多様性と生態系サービス. 農村計画学会誌(36):5-8.

Haruka Imai, Tohru Nakashizuka and Michio Oguro 2017,03 Environmental factors affecting the composition and diversity of the avian community in igune, a traditional agricultural landscape in northern Japan. Journal of Ecology and Environment in press.

功刀 祐之, 有村 俊秀, 中静 透, 小黒 芳生 2017年03月 主観的幸福度と自然資本—ミクロデータを用いた分析—.. 環境科学会誌 Vol.30:96-106.

Takano Kohei, Nagano-ken, Hibino Kenshi, Numata Ayaka, Aiba Masahiro, Shiogama Hideo, Takayabu Izuru, Nakashizuka Tohru, 2017,02 Detecting latitudinal and altitudinal expansion of invasive bamboo Phyllostachys edulis and P. bambusoides (Poaceae) in Japan to project potential habitats under 1.5°C–4.0°C global warming . Ecology and Evolution 2017-02-00163.R1.

Shoko Sakai a, Choy Yee Keong, Keiko Kishimoto-Yamada, Kohei T. Takano, Masahiro Ichikawa,Hiromitsu Samejima, Yumi Kato, h, Ryoji Soda, Masayuki Ushio, Izuru Saizen, Tohru Nakashizuka,Takao Itioka 2016年12月 Social and ecological factors associated with the use of non-timber forest products by people in rural Borneo.. Biological Conservation 204:340-349.

斉藤正一,八木橋勉,高橋 文,上野 満,柴田銃江,中静 透 2016年08月 ナラ枯れ被害終息後の林分におる更新の可能性と生物群集への波及効果. 東北森林科学会誌 第21巻(2号):60-65.

Nakashizuka, Tohru 2016,06 What we have studied and what should be studied in the future on tropical rain forests in Sarawak. Proceedings of the symposium "Frontier in tropical forest research: progress in joint projects between the Forest Department Sarawak and the Japan Research Consortium for Tropical Forests in Sarawak" (2016), 2016: 1-8.  8

Inoue, Yuta; Ichie, Tomoaki; Tanaka, Kenzo; Yoneyama, Aogu; Kumagai, Tomoomi; Nakashizuka, Tohru 2016,06 <S1-11> Effect of through-fall exclusion on leaf water use in the tropical canopy tree species Dryobalanops aromatica/Session 1: Ecology and genetics of tropical rainforest trees in Sarawak. Proceedings of the symposium "Frontier in tropical forest research: progress in joint projects between the Forest Department Sarawak and the Japan Research Consortium for Tropical Forests in Sarawak".

Masahiro Aiba, Hiroko Kurokawa, Yusuke Onoda, Michio Oguro, Tohru Nakashizuka & Takashi Masaki 2016,05 Context-dependent changes in the functional composition of tree communities along successional gradients after land-use change. Journal of Ecology 104:1347-1356. DOI: 10.1111/1365-2745.12597

斉藤正一・八木橋勉・高橋 文・柴田銃江・中静 透 2016年04月 ナラ枯れ被害終息後の林分における鳥類群集の推移. 東北森林科学会誌 第21巻(第1号):11-17.

Kohei Imamura, Kohei Takenaka, Takano, Nobuhito Mori, Tohru Nakashizuka & Shunsuke Managi 2016,02 Attitudes toward disaster-prevention risk in Japanese coastal areas: analysis of civil preference. Natural Hazards 82:209-226.

Rei Shibata1, Hiroko Kurokawa, Mitsue Shibata, Hiroshi Tanaka, Shigeo Iida, Takashi Masaki and Tohru Nakashizuka 2016,01 Relationships between resprouting ability, species traits and resource allocation patterns in woody species in a temperate forest. Functional Ecology 30:1205-1215.

その他の出版物

【解説】

小林邦彦 2017年02月 遺伝情報を取り巻く先進国と開発途上国の対立~生物多様性条約COP13・名古屋議定書COP/MOP2の交渉から~. グローバルネット(315).

中静 透 2016年05月 生態系・生物多様性を活かした震災復興. 自然公園財団 国立公園 5月(743):7-11.

【報告書】

中静 透 2018年02月 グリーンレジリエンスという考え方. 人間文化研究機構広域連携型基幹研究プロジェクト「日本列島における地域社会変貌・災害からの地域文化の再構築」ブックレット 「新しい地域文化の可能性を求めて」. pp.30-39.

中静 透 2016年12月 生物多様性と生態系サービスに関する最近の研究動向. 俯瞰ワークショップ報告書. 環境分野の研究開発の概況, pp.86-104.

【その他の著作(会報・ニュースレター等)】

片谷敬孝・中静 透・広田純一・高木圭子 2018年01月 特集「それからの震災復興」. JEAS NEWS 157:3-10. 対談  https://www.jeas.org/modules/press10/

中静 透 2017年09月 グリーンレジリエンスとは?. こしじ水と緑の会会報 (47号):1-2.

中静 透 2017年01月 グリーンレジリエンスの考え方. 測量 地理空間情報の科学と技術 (1月号):6-11.

中静 透 2017年01月 Expectation toward JBIB. Japan Business Initiative for Biodiversity :24-24.

中静 透 2016年11月 わが国における生態系サービスの変化. 環境情報科学 45(3):5-6.

中静 透 2016年05月 次のステージへ新たな制度をしつらえる地球研. 地球研ニュース (No. 60):4-5. インタビュー

会合等での研究発表

【口頭発表】

岡 千尋, 饗庭 正寛, 小野田 雄介, 黒川 紘子, 中静 透 生物多様性と生態系サービス多面性の関係解明に向けて:樹木を対象とした幅広い有用性と形質・系統との関係の検証. 第65回日本生態学会大会, 2018年03月14日-2018年03月18日, 札幌市.

Tohru Nakashizuka Assessing ecosystem service in Asian region by using biodiversity observation date. GEOSS Asia-Pacific Symposium, 2017.09.18-2017.09.20, ベトナム ハノイ.

中静 透 国・事業者の動きと生態学―国土強靭化とグリーンレジリエンス. フォーラム「グリーンインフラ・ECO-DRR と生態学」 第64回日本生態学会大会, 2017年03月14日-2017年03月18日, 東京都.

Tohru Nakashizuka Recent Dynamics and Future Prediction of Mountain Vegetation in Northern Japan. The 7th International Conference on Water Resources and Encironment Research (ICWRER2016), 2016.06.05-2016.06.09, 京都市.

Nakashizuka, Tohru What we have studied and what should be studied in the future on tropical rain forests in Sarawak. symposium "Frontier in tropical forest research: progress in joint projects between the Forest Department Sarawak and the Japan Research Consortium for Tropical Forests in Sarawak", June 2016, Sarawak, Malaysia. (本人発表). Forest Department Sarawak (FDS); Japan Research Consortium for Tropical Forests in Sarawak (JRCTS)

Tohru NAKASHIZUKA Impacts and risks of climate change on biodiversity and ecosystem. 7th Japan-EU Workshop on Climate Change Research, 2016.04.26-2016.04.27, 東京都.

Inoue, Yuta; Ichie, Tomoaki; Tanaka, Kenzo; Yoneyama, Aogu; Kumagai, Tomoomi; Nakashizuka, Tohru <S1-11> Effect of through-fall exclusion on leaf water use in the tropical canopy tree species Dryobalanops aromatica/Session 1: Ecology and genetics of tropical rainforest trees in Sarawak. symposium "Frontier in tropical forest research: progress in joint projects between the Forest Department Sarawak and the Japan Research Consortium for Tropical Forests in Sarawak", , Sarawak, Malaysia. Forest Department Sarawak (FDS); Japan Research Consortium for Tropical Forests in Sarawak (JRCTS)

【ポスター発表】

小山 有夢, 饗庭 正寛, 小黒 芳生, 中静 透 分布環境辺縁部にあるブナ林に対する気候変動 の影響. 第65回日本生態学会大会, 2018年03月14日-2018年03月18日, 札幌市.

松本 洋平, 饗庭 正寛, 黒川 紘子, 中静 透 季節と成長に伴う樹皮形質の変化:冷温帯林と暖温帯林の比較. 第65回日本生態学会大会, 2018年03月14日-2018年03月18日, 札幌市.

饗庭 正寛, 柴田嶺, 小黒 芳生, 中静透 環境・社会要因が文化的生態系サービスに与える影響の空間スケール依存性. 第65回日本生態学会大会, 2018年03月14日-2018年03月18日, 札幌市.

柴田 嶺, 饗庭 正寛, 中静 透 生態系サービスの教育的価値の可視化~中学校の野外学習に影響を及ぼす自然的・社会的環境の解明. 第65回日本生態学会大会, 2018年03月14日-2018年03月18日, 札幌市.

中軽米 聖花, 中静 透 シカ不嗜好性植物のNurse plant 効果とシカ柵が樹木の更新に与える影響. 第65回日本生態学会大会, 2018年03月14日-2018年03月18日, 札幌市.

吉藤奈津子,熊谷朝臣,市栄智明,久米明宣,立石麻紀子,井上裕太,米山 仰,中静 透 東南アジア熱帯雨林の巨大林冠木の水利用:雨水遮断実験による土壌乾燥に対する応答. 第64回日本生態学会大会, 2017年03月14日-2017年03月18日, 東京都.

小山有夢,饗庭正寛、小黒芳生,中静 透 気候変動下にある南限および下限にあるブナ林の動態. 第64回日本生態学会大会, 2017年03月14日-2017年03月18日, 東京都.

川邊瑞穂, 黒川紘子, 中静透 落葉分解過程における種間相互作用の影響の解明 . 第64回日本生態学会大会, 2017年03月14日-2017年03月18日, 東京都.

Shoko Sakai, Choy Yee Keong, Keiko Kishimoto-Yamada, Kohei Takano, Masahiro Ichikawa, Hiromitsu Samejima, Yumi Kato, Ryoji Soda, Masayuki Ushio, Izuru Saizen, Tohru Nakashizuka, Takao Itioka Urbanization, population change and forest cover in rural Borneo. 第64回日本生態学会大会, 2017年03月14日-2017年03月18日, 東京都.

饗庭正寛,小黒芳生, 中静透 登山SNSヤマレコのデータを活用した文化的生態系サービスの広域評価. 第64回日本生態学会大会, 2017年03月14日-2017年03月18日, 東京都.

中軽米聖花・中静透 森林の更新における シカの採食と不嗜好性林床植生の相互作用. 第64回日本生態学会大会, 2017年03月14日-2017年03月18日, 東京都.

Hiroko Kurokawa, Masahiro Aiba, Yusuke Onoda, Fujio Hyodo, Panida Kachina, Tomoaki Ichie, Tohru Nakashizuka Variation in plant functional traits of Asian woody species. 第64回日本生態学会大会, 2017年03月14日-2017年03月18日, 東京都.

伊豆凜太郎, 小南裕志, 大橋春香, 中静透 気候変動が山地帯-亜高山帯エコトーンに及ぼす影響 ~空中写真と現地調査で見る30年間の変化~. 第64回日本生態学会大会, 2017年03月14日-2017年03月18日, 東京都.

井上裕太・市栄智明・田中憲蔵・米山仰・熊谷朝臣・中静透 操作実験による土壌の強度乾燥がフタバガキ科巨大高木の葉の水利用に及ぼす影響. 日本熱帯生態学会大会, 2016年06月17日-2016年06月19日, 東京都.

【招待講演・特別講演、パネリスト】

中静 透 フォーラム「Future Earthという活動、そこでの生態学者の役割とは」. 第65回日本生態学会大会, 2018年03月14日-2018年03月18日, 札幌市.

中静 透 自由集会「生態学の視点からポスト愛知目標を考える」. 第65回日本生態学会大会, 2018年03月14日-2018年03月18日, 札幌市.

中静 透 生物多様性概論. 平成29年度環境省自然環境研修, 2018年01月23日, 埼玉県所沢市.

中静 透 私たちをとりまく生物多様性の恵み. 平成29年度宮城県生物多様性フォーラム『身近な自然の恵みを考えよう ~薬と毒と生物多様性~』, 2018年01月14日, 宮城県仙台市.

中静 透 紀伊半島の自然林の魅力と役割. 和歌山県の人と自然をつなぐシンポジウム~学び活かそう自然の力~, 2018年01月08日, 和歌山県和歌山市.

中静 透 森と人のかかわりをふりかえる. 東洋大学国際哲学研究センター主催シンポジウム, 2017年12月24日, 東京都.

中静 透 気候変化が生物多様性・生態系に与える影響と適応策に関する動向. 平成29年度環境影響評価研修, 2017年12月04日, 宮城県仙台市.

中静 透 森林生態系と生物多様性. 平成29年度林野庁生物多様性保全研修, 2017年11月13日, 東京都八王子市.

中静 透 森ものがたり. 越路ホタルの会, 越路もみじの会20周年記念講演会, 2017年11月10日, 新潟県長岡市.

中静 透 気候変動が生物多様性・生態系に与える影響とその対策. NPO法人環境生態工学研究所(E-TEC)第13期定時総会基調講演会, 2017年10月14日, 宮城県仙台市.

中静 透 生物多様性と生態系サービス. あいち環境塾, 2017年08月05日-2017年08月05日, 名古屋商工会議所.

中静 透 蛍を守るとはどういうことなのか?. 第4回ホタル指導員養成講座, 2017年05月20日, 新潟県長岡市.

中静 透 フォレストの世界的な課題. CDP 2017大阪ワークショップ, 2017年04月05日, 大阪市.

中静 透 トークセッション「今後のグリーンレジリエンスの可能性、グリーンレジリエンスの未来」. 東京都シンポジウム, 2017年03月15日, .

中静 透 工学的設計と生物システムの違いについて. 2016年度TM研究会第2回総会, 2017年03月14日, 東京都.

中静 透 生態系を活用した防災と減災:Eco-DRRの有効性と課題. JICA公開セミナー「生態系を活用した防災と減災(Eco-DRR)の有効性と課題」, 2017年03月13日, 東京都.

中静 透 パネルディスカッション「生物多様性とサステイナビリティ」. 国際シンポジウム「Biodiversity and sustainability - Linking People and Nature」, 2017年03月12日, 東京都.

中静 透 気候変動予測情報を活用した、将来の生態系・生物多様性に関する影響及びその不確実性評価研究. 平成28年度気候変動リスク情報創生プログラム研究成果報告会, 2017年03月09日, 東京都.

中静 透 生態系サービス等を通した社会・経済的影響の評価研究. 平成28年度気候変動リスク情報創生プログラム研究成果報告会, 2017年03月09日, 東京都.

中静 透 グリーンレジリエンスの概念と発展. 企業が語るいきものがたりPart 10 「サスティナブルな未来のために企業が果たす生物多様性保全~COP12から2020,そして2030年を見据え~」, 2017年03月07日, 東京都.

小林邦彦 岐阜大学におけるABSの取組みと対応体制. 名古屋議定書実施に向けた意見交換会~大学はどのように対処すべきか~, 2017年02月10日, .

中静 透 山の生き物と私たちの暮らし. 平成28年度生物多様性シンポジウム『みやぎの山と私たちの暮らし』, 2017年01月30日, 宮城県仙台市.

中静 透 生物多様性概論. 平成28年度自然環境研修, 2017年01月25日, 埼玉県所沢市.

中静 透 第69回地球研生物多様性の問題を社会に根づかせる市民セミナー. 第69回地球研市民セミナー, 2017年01月24日, 京都市.

Tohru Nakashizuka, Reiichiro Ishii WG2: AISA-PACIFIC BIODIVERSITY OBSERVATION NETWORK(AP-BON): Session1 Moderators: Overview of regional and national BON activities. AGENDA The Ninth GEOSS Asia-Pacific Symposium: "Earth Observation Supporting the Implementation of the SDGs in the Asia Pacific Region", 2017年01月11日-2017年01月13日, 東京都.

Tohru Nakashizuka WG2: AISA-PACIFIC BIODIVERSITY OBSERVATION NETWORK(AP-BON): Discussion towards broader engagement of observation and user communities: 2)Data-Knowledge-Information chain: Japan Biodiversity Outlook 2. AGENDA The Ninth GEOSS Asia-Pacific Symposium: "Earth Observation Supporting the Implementation of the SDGs in the Asia Pacific Region", 2017年01月11日-2017年01月13日, 東京都.

Tohru Nakashizuka Interactive Dialogue on Living in Harmony with Nature. The thirteenth meeting of the Conference of the Parties to the Convention on Biological Diversity(COP13), 2016年12月12日, メキシコ カンクン市.

中静 透 生物多様性に関する最近の動向. 第7回低炭素まちづくりフォーラムin埼玉~つながろう 広がろう エコの輪~Ⅲ-4 さいたまの生物多様性のいまを考える~いのちの共生を未来へ~, 2016年12月10日, 埼玉県さいたま市.

中静 透 生物多様性は生態系サービスとどうかかわっているか?. 学術会議公開シンポジウム「生態系サービスと農業生産」, 2016年12月03日, 東京都.

Tohru Nakashizuka Modelling terresitial natural capital and ecosystem services in Japan. Seminar: Ecosystem Scenarios and Models From Local to National Scales -Contributions to IPBES Regional and Global Asswssments-, 2016年11月14日, 東京都.

Tohru Nakashizuka, Reiichiro Ishii WG2: AISA-PACIFIC BIODIVERSITY OBSERVATION NETWORK(AP-BON): Session1 Moderators: Overview of regional and national BON activities. AGENDA The Ninth GEOSS Asia-Pacific Symposium: "Earth Observation Supporting the Implementation of the SDGs in the Asia Pacific Region", 2016.11.11-2016.11.13, Tokyo.

Tohru Nakashizuka WG2: AISA-PACIFIC BIODIVERSITY OBSERVATION NETWORK(AP-BON): Discussion towards broader engagement of observation and user communities: 2)Data-Knowledge-Information chain: Japan Biodiversity Outlook 2. AGENDA The Ninth GEOSS Asia-Pacific Symposium: "Earth Observation Supporting the Implementation of the SDGs in the Asia Pacific Region", 2016.11.11-2016.11.13, Tokyo.

中静 透 生物多様性の講義. 平成28年度環境経営エキスパート研修, 2016年10月20日, 福島県白河市. 研修講師

T. Nakashizuka Effects of climate change on mountain forest. Sino-Japan forum on frontiers in forest ecology, 2016.09.29, 中国 南寧市.

中静 透 生物多様性と生態系サービス. 平成28年度あいち環境塾, 2016年09月10日, 名古屋市.

中静 透 気候変動が森林におよぼす生物関連リスクと適応策. 日本学術会議公開シンポジウム 森林科学の未来を語る(その2)気候変動と森林生態系の持続性, 2016年07月27日, 東京都.

中静 透 毎日の暮らしから森林の生物多様性を考える. 宮城県森林インストラクター協会 平成28年度通常総会, 2016年06月04日, 宮城県仙台市.

中静 透 グリーンレジリエンス推進の意義と国土強靭化、地方創生への貢献. グリーンレジリエンスシンポジウム, 2016年05月12日, 東京都.

中静 透 グリーンレジリエンスの課題と展望. グリーンレジリエンスシンポジウム, 2016年05月12日, 東京都. パネルディスカッション コーディネーター

中静 透 トークセッション「今後のグリーンレジリエンスの可能性、グリーンレジリエンスの未来」. グリーンレジリエンスシンポジウム, 2016年05月12日, 東京都.

中静 透 森林リスクについて. 気候変動・フォレスト質問書CDPワークショップ, 2016年04月12日, 東京都.

社会活動・所外活動

【依頼講演】

白神山地のブナ林はなぜ大切か. 秋田県立秋田南高等学校, 2017年08月31日-2017年08月31日, 秋田県立秋田南高等学校.

いろいろな立場で生物多様性を考える. 平成29年度新潟県環境教育講座, 2017年08月29日-2017年08月29日, ビュー福島潟.