試料微粉砕装置 (平成27年4月1日現在)

試料粉砕装置 HP-MS

試料粉砕装置 HP-MS

カップマガジン

カップマガジン


▊ 概要

本装置は、粒度数mm程度の固体試料や生物試料を、連続してミクロン~サブミクロンサイズに粉体化する装置です。最大60試料を外部に粉を発散させる事なく、連続的に自動微粉砕する事ができます。土壌、堆積物、岩石などの化学分析用試料作成に利用されています。特に、大量の試料を効率良く微粉砕するのに適しています。

本装置は粉砕機、集塵機、コンプレッサーが一体となっており、粒径が砂~シルト程度(粒径数mm以下)の試料に対して、粉砕、微粉体試料回収、容器を含めたシステムの洗浄までを、一試料あたり10~20分程度で全自動で連続して行います。本装置で用いられる粉砕用容器はタングステンカーバイト製です。粉砕様式は振動式なので、粒度分布が均一な微粉砕試料を得る事ができます。回収率は投入試料量にも依存しますが、20 gの試料の場合は95%程度以上です。

▊ 用途

岩石、土壌、生物、人工物(考古試料を含む)など種々の固体環境試料の粉砕に使用されます。


  1. HOME
  2. 実験室

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)

Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん