地球研和文学術叢書

地球研の研究成果を研究者に向けて発信する出版物です。

環境人間学と地域
「ほっとけない」からの自然再生学 コウノトリ野生復帰の現場

2005年9月、絶滅から34年の時を経て、コウノトリが再び人里に舞い降りた。「里の鳥」コウノトリの野生復帰は、地域の人びとと自然との間にどのような関係の変化をもたらしたのか。生態学的観点からの自然再生にとどまらず、人と自然の関わりを創り直す包括的再生を目指したコウノトリの野生復帰の取り組みを、当事者の視点から振り返る。

    【目次】

  1. はじめに
  2. 序章 自然をほっとけない
  3. 第一章 コウノトリを野生復帰する
  4. 第二章 包括的に再生する
  5. 第三章 コウノトリを「ツル」と呼ぶ
  6. 第四章 コウノトリを地域資源とする
  7. 第五章 「野生」を問い直す
  8. 第六章 小さな自然を再生する
  9. 第七章 レジデント型研究者として生きる
  10. 終章 はざまをつなぐ
  • 菊地 直樹 著
  • 出版社 京都大学学術出版会 2017年3月
  • A5上製・310頁 価格3,400円+税
  • ISBN: 978-4-8140-0082-1

環境人間学と地域
理想の住まい 隠遁から殺風景へ

自動車社会の到来とともに、都市の人々はこぞって郊外に家を求め、今や地球環境を脅かす問題を引き起こしている。人はなぜそれほどまでに郊外脱出を望んだのか? その根源には『桃花源記』に遡る隠遁への憧れがあった——。東西の古典・近代思想を縦横に逍遙し、近代郊外住宅の理想が現れた過程と人間の存在基盤への影響を浮彫りにする。「KYOTO地球環境の殿堂」第8回殿堂入りを果たしたオギュスタン・ベルク氏による都市論の集大成。

  • オギュスタン・ベルク著/鳥海基樹 訳
  • 出版社 京都大学学術出版会 2017年1月
  • A5上製・470頁・ 6,000円 + 税
  • ISBN: 978-4-8140-0051-7

環境人間学と地域
シークヮーサーの知恵 奥・やんばるの「コトバ-暮らし-生きもの環」

やんばる・奥の果樹園のシークヮーサーには驚くべき多様性が見られる。その背景には、異なる形質の果実に名前をつけ、意図的に維持してきた地域の人々の営みがあった。土地の「コトバ」、人々の「暮らし」、それを取り巻く「生きもの」の強固な連関を軸に、文化と自然が密に交感しながら多様性を育む様を明らかにするとともに、消滅危機に瀕する地域言語の継承問題にも焦点を当てる。

  • 大西正幸・宮城邦昌 編著
  • 出版社 京都大学学術出版会 2016年3月
  • A5上製・570頁・ 6,600円 + 税
  • ISBN: 978-4-8140-0025-8

環境人間学と地域
シベリア 温暖化する極北の水環境と社会

  • 檜山哲哉・藤原潤子 編著
  • 出版社 京都大学学術出版会 2015年3月
  • A5上製・512頁・ 6,500円 + 税
  • ISBN: 978-4-87698-315-5

環境人間学と地域
インダス 南アジア基層世界を探る

  • 長田 俊樹 編著
  • 出版社 京都大学学術出版会 2013年10月
  • A5上製・476頁・ 5,500円 + 税
  • ISBN: 978-4-87698-300-1

環境人間学と地域
モンゴル 草原生態系ネットワークの崩壊と再生

  • 藤田 昇、加藤 聡史、草野 栄一、幸田 良介 編著
  • 出版社 京都大学学術出版会 2013年10月
  • A5上製・656頁・6,800円 + 税
  • ISBN: 978-4-87698-299-8
  • Page Top
  1. HOME
  2. 成果発信
  3. 刊行物
  4. 地球研和文学術叢書
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)  Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん