【報告】平成29年度 地球研 研究審査・報告会が開催されました。

2017年11月29日(水)~12月1日(金)に「平成29年度 地球研 研究審査・報告会」がコープイン京都(京都市中京区)にて開催されました。研究審査・報告会とは、地球研の研究プロジェクト等が進捗状況や今後の計画について発表し、相互の批評とコメントを受けて研究内容を深める場で、毎年開催されているものです。

[1日目]

安成哲三所長による挨拶に続き、窪田順平副所長から研究審査・報告会について説明がありました。その後、FS(予備研究 feasibility studies)提案者9名から発表がありました。

【1日目】11/29(水)
区分 発表者名 課題名
実践FS 香坂 玲
(東北大学)
電子情報化が進む時代の生物・遺伝資源の利用と公正な利益配分:
知財・ストーリーを通した生計向上と農業生物多様性保全
実践FS 林田 佐智子
(奈良女子大学研究院)
デリー近郊における大気浄化とSLCPs排出抑制
実践FS 金本 圭一朗
(信州大学)
グローバルサプライチェーンを通じた
都市、企業、家庭の環境影響評価に関する研究
実践FS 村山 聡
(香川大学)
空間をどう生かすか:
比較史研究が明らかにする地域それぞれの社会生態系ネットワーク
実践FS 本間 航介
(新潟大学)
東アジアモンスーン地域における水田
-森林複合景観の多面的機能の評価と変動予測-
農村社会の持続的発展のための処方箋づくり-
実践FS 榊原 正幸
(愛媛大学)
環境汚染問題に対処する持続可能な地域イノベーションの共創
実践FS 松田 浩敬
(東京大学)
アジアにおける自然文化多様性と持続型社会の構築
実践FS 金子 慎治
(広島大学)
生活限界集落における水・エネルギー・ネクサス技術:
地域公共財管理における社会的臨界点
実践FS 森 宏一郎
(滋賀大学)
都市と農村の相互作用システムの構築と豊かさの創造
-移動と移住の総合地球環境学-

[2日目]

コアFS(コアプロジェクト 予備研究)提案者による発表から始まりました。続いてプログラム3について、西條辰義プログラムディレクターからの説明の後、MCGREEVY准教授、船水教授から発表があり、総合討論を行いました。午後には、プログラム2について、中静透プログラムディレクターや小林邦彦研究員なら話題提供があり、遠藤准教授、奥田准教授の発表の後、総合討論を行いました。

【2日目】11/30(木)
コアFS 近藤 康久 オープンサイエンス時代の環境社会課題チームサイエンスにおける
問題理解の非対称性をずらす方法論とその検証
コアFS 大西 有子 広域スケールのTD研究に向けた国際研究動向の分析と
社会における成果の検証
プログラム3について
FR2 <プログラム3>
MCGREEVY, Steven R.
Lifeworlds of Sustainable Food Consumption and Production:
Agrifood Systems in Transition (FEAST)
FR1 <プログラム3>
船水 尚行
サニテーション価値連鎖の提案-地域のヒトによりそう
サニテーションのデザイン-
総合討論
プログラム2について
FR5 <プログラム2>
遠藤 愛子
アジア環太平洋地域の人間環境安全保障
―水・エネルギー・食料連環
FR3 <プログラム2>
奥田 昇
生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会
-生態システムの健全性
プログラム3について

[3日目]

プログラム1について、杉原薫プログラムディレクターから説明があり、中塚教授、水野教授、吉田准教授の発表の後、総合討論がありました。また、コアプログラムの説明の後は、陀安教授からプロジェクトに関する発表があり、コアFS提案者を交えた総合討論が執り行われました。午後からは研究基盤国際センター、IR室および広報室の活動報告の後、研究所の国際戦略やプログラムープロジェクト制などに関する全体討論が行われ、谷口教授の閉会の挨拶で締めくくられました。活発な質疑応答が行われ、各々が今後の課題について認識を新たにした3日間となりました。

【3日目】12/1(金)
プログラム1について
FR4 <プログラム1>
中塚 武
高分解能古気候学と歴史・考古学の連携による
気候変動に強い社会システムの探索
FR1 <プログラム1>
水野 広祐
熱帯泥炭地域社会再生に向けた
国際的研究ハブの構築と未来可能性への地域将来像の提案
PR <プログラム1>
吉田 丈人
人口減少時代における気候変動適応としての
生態系を活用した防災減災(Eco-DRR)の評価と社会実装
総合討論
コアプログラムについて
FR1 <コアプログラム>
陀安 一郎
環境研究における同位体を用いた
環境トレーサビリティー手法の提案と有効性の検証
総合討論
研究基盤国際センター報告
広報室・IR室報告
全体討論(プログラム-プロジェクト制、国際戦略)

会場の様子

会場の様子
  • Page Top
  1. HOME
  2. 成果発信
  3. リリース
  4. 【報告】平成29年度 地球研 研究審査・報告会が開催されました。
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)  Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん