Future Earth in Asia

持続可能な未来の社会へ向けて

Future Earth in Asia

Future Earth とは、持続可能な地球環境に向けての国際協働研究イニシアティブです。国際科学会議(ICSU)などの学術コミュニティ、研究助成機関や政策決定者などが協働し、地球環境を包括的に理解し、地球規模の課題を解決するための研究を総合的に推進することをめざす枠組みです。(1)ダイナミックな地球の理解、(2)地球規模の持続可能な発展、(3)持続可能な地球社会への転換、の3つのテーマのもと、2015年から10年計画でスタートしました。課題解決型の自然科学・人文科学・社会科学の枠を超えた統合的・学際的な研究をステークホルダー(利害関係者)と協働で立案、実行します。

地球研ではこれまで、総合地球環境学の構築を進めるために、統合的・学際的な研究を推進し、ステークホルダーとの協働を含む課題解決志向の地球環境研究を行なってきました。地球研が進めてきたこのミッションは、Future Earth がめざすものと同じ方向性をもち、地球研がFuture Earth の一端をリードすることが期待されています。特にアジア地域においては、Future Earth の公式な事務局であるアジアセンター(Regional Center for Future Earth in Asia)として、地域の優先課題やニーズがFuture Earth のグローバルなアジェンダに反映されるよう、地域とFuture Earth 本部事務局の潤滑なコミュニケーションをサポートします。また、Future Earth のアジア地域における中核として、研究者を含むステークホルダー間のネットワークを構築し、課題解決志向の地球環境研究に必要な手法・データ・能力などを提供するプラットフォームの形成を進めています。さらに、持続可能な社会に向けての地球環境研究をアジアにおいて進めていくため、有識者からなるアジア地域委員会を形成し、アジアの視点から研究課題のco-design、研究のcoproduction、 研究成果のco-deliveryを行なう準備を整えています。

関連研究

受託研究(RISTEX)[2014-2016年度]

フューチャー・アース構想の推進事業
「日本が取り組むべき国際的優先テーマの抽出及び研究開発のデザインに関する調査研究」

研究代表者:谷口 真人

  • Page Top
  1. HOME
  2. 研究活動
  3. Future Earth in Asia
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)  Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん