研究高度化支援センター(CRP)

研究高度化支援センター(CRP)

CRP: Center for Research Promotion

地球研では、専門分野が異なる多数の研究者がさまざまな地球環境研究を実施しています。このなかで生まれる多様な知を縦糸とすれば、野外の計測や室内の分析、膨大で多様な情報の整理と保管、研究成果の発信を介した科学と社会のコミュニケーションなど、研究を横断するなかで生まれる横糸の知があります。CRPは、この横断的な知の高度化と実験機器や情報機器の維持管理、成果発信に関するさまざまな支援をとおして、地球環境問題の解決に資する統合知の創出をめざしています。

計測・分析部門

  • 実験施設の管理・運営
  • 実験施設利用促進事業
  • 実験基盤形成事業
  • 同位体環境学共同研究事業

計測・分析部門では、施設と機器の利用を促進し、異分野研究者による共同研究を推進しています。機器、保管試料、施設利用などの情報をホームページで公開するほか、実験施設を維持・管理し、機器測定に関する技術的な支援を行なっています。また、先端的な地球環境情報を得るための実験手法を開発し、分析法のマニュアル化を図っています。このほか、地球研の研究プロジェクトや国内外の大学・関連諸機関との情報交換や共同研究を通じて得られた情報の有効利用や、研究シーズの開発に取り組んでいます。

情報基盤部門

  • 情報設備の管理・運営
  • 情報基盤構築事業
  • 地球研アーカイブスの管理・運営
  • 地球環境学リポジトリ事業

情報基盤部門では、所内ネットワークや各種サーバ、地理情報システムなど、研究用ソフトウェアの情報基盤の整備・運用を進め、情報の蓄積と利活用の面から地球研の活動を推進しています。「地球研アーカイブス」は、研究成果をはじめとする地球研の活動記録を蓄積し、次世代に引き継いでいきます。出版物、研究会の資料や映像などの冊子体やテープの資料、研究データや報告書などの電子版や写真データを収録しています。また、これらの情報資源を研究の場で活用していくため、地球環境学リポジトリ事業人間文化研究機構の研究資源共有化推進事業など、全国の大学・研究機関と情報を通じた共同利用の高度化を図っています。

コミュニケーション部門

  • 市民向けセミナー・フォーラム、環境教育事業
  • 国際シンポジウム
  • 和文・英文出版物刊行事業

コミュニケーション部門では、研究プロジェクトの成果を地球研国際シンポジウム、地球研市民セミナー、地球研地域連携セミナー、地球研オープンハウス、地球研ニューズレター、地球研英文叢書などさまざまな方法で発信しています。対象は研究者コミュニティに限りません。地球研の成果が小中高校生を含めた一般の方に理解されるよう努めています。また、コミュニケーションの対象に合わせ、研究成果をより高次に編集する作業も行なっています。研究者コミュニティと一般社会とのコミュニケーションを図り、地球研のアイデンティティを確立することを目的としています。

  1. HOME
  2. 地球研について
  3. 研究推進戦略センター(CRD)と 研究高度化支援センター(CRP)の活動
  4. 研究高度化支援センター(CRP)
↑ページトップへ
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)  Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん